FC2ブログ
時代の移ろい
イチロー選手引退。。。
なんとなくわかっていたことだけど・・・寂しいねぇ~。
キャンプから調子悪いのは伝えられてたけど・・・
もしかしたら・・・開幕戦からバカスカ打って走って守って、大暴れしてくれるんじゃないかと。
イチロー選手ならそれでも不思議なことはなにもないくらいのスーパースター。
ちょっとそんな期待してた人も、少なくはないんじゃないかなぁ。。。


それでもやってきた引退。
球団は粋ですよね。
マイアミで引退が囁かれてた時に、シアトルに引き戻し
1年間、引退ではなく選手としても登録して
そしてこの東京ドームの開幕戦を、花道として用意。
球団側にもメリットがあってのことだとは思うけど
日本での引退試合、引退会見を日本でやってくれたことが、ほんとによかったと思う。
(アメリカのファンには申し訳ないけど)


引退会見も、イチロー選手が凝縮されてたような。
言うことは言う、言わないことは言わない!
世はなんでもかんでもネットにあげてしまう昨今・・・スッキリしたというか、流石だなと。



遠回りしないと、本当の自分に出会えない

孤独で苦しんだ経験が未来の自分の支えになる

少しずつの積み重ねでしか自分自身を超えていけない



謙遜して言うからまたすごい。


偶然だけど、平成が終わる年に・・・
ひとつの時代が終わり、変わりゆくなぁ~という感じ。

なにごとも永遠なんてことはなく、必ず終わりがやってくる。
でも・・・イチロー選手が、野球というものがある限り永遠に語り継がれることは間違いないね。

いろんなワクワクを、長い間ありがとうございましたっ☆

そして、終わりはまた始まりでもあり。
これからまたいろんなところでワクワクを魅せてくれることに期待っ!







2019/03/22(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花見ツーリング
いい天気で気持ちいいですね。
でも、昨夏の猛暑の影響で、花粉の飛散量がハンパないらしい。。。
花粉症ではない私も、なんだかハナがムズムズと・・・いや、気のせいだ。


さてさて
毎年恒例のお花見ツーリング☆
行き先の 海津大崎の桜 も、暖冬で開花が早まりそうな気配ですが。。。
一応、開花予想などを見て・・・4月7日(日)に予定しております。

ルートは毎年同じすが
8:00アクロスプラザ駐車場出発→R27敦賀IC方面→R8滋賀方面
R161今津方面→海津大崎→大浦→道の駅 追坂峠9:30~10:00くらい到着予定

道の駅にて、少し遅い朝食してから解散です。


このツーリングは、ツーリングを楽しめる方であれば、どなた様でもご参加いただけます。
(当店に来たことが無い人でも)
ミニ、英国車をはじめ、外車、国産車、バイクなど不問です。
自由参加ですので、ご参加いただける場合もご連絡などは必要ございません。
直接、当日の8:00までに、アクロスプラザ駐車場にお集まりください。

途中合流、現地合流の際は、左のメールフォームなどでお知らせください。

桜の開花状況や天候などにより、開催日時が前後する可能性がございます。
こちらで随時お知らせさせていただきまーす。





クラシック ミニ のことなら どんなことでも  ブルーウイング
2019/03/09(Sat) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ローバーミニ の リフレッシュ
あっという間に3月で。。。
でも、三寒四温で春になっていく感じが、気分を上げてくれます。



もう納車してずいぶん経過してしまいましたが
リフレッシュでお預かり&作業してたミニの、ビフォーアフター いってみましょか。

まずは関連の過去記事










193rif1.jpg



作業開始時





20年、毎日のように乗られてきたミニは、それ相応のダメージを受けています。
もちろん車検などでは定期交換部品などは適宜交換していますが
そこではなかなか手をつけられない部分・・・手をつけると相当なコストがかかる部分が残されているわけです。

で、20年も経過すると、車検が来る度にいろいろと思うわけです。
これ以上乗り続けるには、かなりのコストかけて修復しないといけないし・・・
どうしようか・・・他のクルマに乗り換えようか・・・と。

このオーナーさんも、ご多分に漏れず、車検が来る前にいろんなクルマを見に行ったりしてたそう。
でも、やっぱりミニ!なんだそう。
見たクルマはどれもこれもピンと来なくて、どーせ買うなら、買うお金でミニを修復しよう!と。

他の状態のいいミニも薦めてみましたが、やはり20年連れ添った情はふか~いものがあり
これを直して欲しい!
ということで、リフレッシュすることに決定。





193rif2.jpg




左フェンダーパネルの状態






もう錆を落とすと穴が拡大するだけ。。。
ここは、パネルが3重になってて、簡単に切り継ぎで再生できない。。。


193rif5.jpg



で、フェンダーパネル交換するの図





193rif3.jpg



サイドシルも腐り。。。
サイドシルパネル交換。





193rif4.jpg



フロアにも穴。





アンダーコート剥がして、腐食部分を大きめに切り取り
切り継いで再生後、サビ止め塗布してアンダーコート貼り付け。



ドアは言わずもがな、下部の腐食再生。
他のボディが錆ているところを探しては再生。。。



ボディ以外にも

193rif8.jpg



クーラーコンプレッサーのベアリング交換
クラッチ面研磨





193rif9.jpg



ワイパーモーターのOHしたり






193rif10.jpg



マニホールド水路パイプ腐食交換したり





193rif12.jpg



ステッパーモーターはこんな状態
にもかかわらず、健気に動いてました。






これはほんの一部。
これ以外にも、いろーんな箇所をこまごまと不都合部分をつぶしていきます。
もちろん予算がありますから、全てを新品に・・・とかは無理な話ですし
使えるものは使って、こらから起こるであろうトラブルの目をできるだけ摘んでいきます。




いきなりですが・・・

193rif7.jpg



はい、完成☆





193rif11.jpg








12インチのままですが、毎日乗る普段使いなら、これも良い選択です。




193rif6.jpg



エンジンルームも綺麗になりました





今回は、作業中に、オースチンセブンのMKー1仕様に変更するーっ!ってことで
予算がドンと上乗せになってしまいました。

でも、やはり自分が乗ってて楽しい!気持ちいい!ってのはとても重要な部分。
オールペイントの機会を逃すと、MK-1仕様にするにはとてもコストがかかります。
なので、えい!やっちゃえ!ってことで(笑)

あ、私が強引に薦めたわけではありません、はい。



これからまた、25年・・・30年・・・と、連れ添っていくのでしょうね。
このミニは幸せもんです☆

ありがとうございました☆








クラシックミニのリフレッシュ 再生 修復 は ブルーウイング
2019/03/04(Mon) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
モーリス ミニ トラベラー 販売中☆
春を感じさせる日曜日でした。
もう花粉も飛んでるんでしょうねぇ。
今シーズンは予報どおり暖冬でした。
スタッドレスタイヤに交換してない人もいるのでは?
雪かきのスコップさえ出してきてないですから、雪かきによる体力の消耗もなく、そのぶん仕事が捗った・・・かどうかは不明です(笑)



さてさて
販売車輌の紹介です。

モーリス ミニ トラベラー MK-Ⅱ ’69年式

mmt1.jpg



スノーベリーホワイト







mmt2.jpg



木枠も腐りなどなく綺麗です







mmt4.jpg



エンジンルーム
998ccエンジン






mmt3.jpg



内装もキレイ!






mmt8.jpg


荷室も問題ナシ!






と、ご覧のとおり、グッドコンディションです。

クラシックミニをあまり知らない方に、かんたんにご説明させていただくと・・・

1959年から作り始められたミニ。
翌、1960年から、エステートモデルの、
オースチンカントリーマンとモーリスミニトラベラー が販売されました。
その昔、エステートモデルはサルーンのシャーシにウッドの荷室をつけたものだったんですね。
多分、馬車の名残もあったんだと思います。
ミニよりも前に作られていた、モーリスマイナートラベラーなども木枠が付いたモデルとして有名ですね。

640px-Traveller_(4196830669).jpg


モ-リスマイナートラベラー
こちらはほんとうに木のフレームです





その伝統というか・・・それで装飾的にウッドのトリムが付けられているんです。
ミニのカントリーマンとトラベラーは、装飾なので、木枠を取り外しても、ボディに小さなボルト穴が開いているだけです。
よって、木枠の無いスチールボディと言われるモデルもあります。

ミニをよく知らない人が、木枠が付いたカントリーマンやトラベラーを見ると
!?クルマに木が付いてるんですか!?
と、驚きます(^_^;

1967年まで生産されたMKー1モデルは、1667年秋にMK-Ⅱモデルになります。
で、1969年10月に生産終了。以降、エステートモデルは、クラブマンエステートになりました。
MK-Ⅱモデルは実質2年ほどしか生産されておらず、MK-1モデルよりもかなり少ない希少モデルです。

MK-1からMK-Ⅱへの変更点はいろいろありますが
角ばったフロントグリル、内装はブラlック1色などで
大きく違うのは 848ccから998ccになったエンジンと
ダイレクトチェンジというシフト機構が、リモートコントロール というシフト機構になったことにより
操縦性、操作性、走破性能などが向上しました。


今年で50歳のこちらのモーリスミニトラベラーMK-Ⅱ

気になる方は、どうぞお問い合わせ&見に来てくださいっ。










BMC BLMC ヴィンテージ、ビンテージミニのことなら ブルーウイング
2019/02/24(Sun) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミニのウッドパネルの補修
2月も半ばに差し掛かり。。。
平成も残すとこ2ヶ月半。
今年って、天皇誕生日が無いとゆーことに、さっき気づいた(^.^;


さてさて
少し前に、ウッドパネルの補修の記事書いて・・・
完成したらアップするといいつつ・・・
かなーり忘れておりました(汗)

はい、出来上がって、装着してしまってます。。。

oewpanel1.jpg



運転席側から





オールドイングリッシュホワイトにてペイント
半ツヤにて仕上げました。

ん?ポールスミス仕様と同じような・・・。
あ、決してポールスミスの中古パネルと差し替えたわけではございません(笑)
ってか、それ入手する方が難しいな。


oewpanel2.jpg



助手席側から





あれだけひび割れて、変色してたことを思えば
見違えるようになりました。
そして、木目からのイメチェン効果もかなりありますね。
運転していて、いちばん目にする部分ですから、気分一新は間違いありません☆

これに合わせて内装も・・・と、夢は広がりますね。








ミニのウッドパネル補修は ブルーウイング
2019/02/12(Tue) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミニの暖機運転
今日は立春。
少しずつ春めいてくる季節。
暖冬で、この辺の梅の花も咲き始めてるとか。
今年は桜も早く開花しそうですねぇ。


立春といえども、まだまだ寒く、これから雪が降ることもあるかと。
冬場は暖機運転に少し時間がかかって、もどかしかったりすることもしばしば。
でも、必要です。暖機運転は。

金属は熱を帯びると膨張します。(金属だけではないですが)
それを計算して、エンジンやミッションなどは設計されています。
ということは、熱を帯びた状態で、いちばんいい性能が発揮できるようになってるってこと。
それだけでなく、エンジンオイルなんかも適温で性能を発揮するように製造されてます。

暖機しないで乗るのと、暖機した後に乗るのとでは、違いは明らかにわかりますよね。
エンジンの回転が重いとか、スムーズでないとか、トルク感が無いとか、音が大きいとか、ミッションが入りづらいとか
当然だけど、ヒーター効かないとか。

よく例えられるのは、スポーツで準備運動無しで走り出すようなものだ・・・ということ。
老体であれば、さらに入念に準備運動やストレッチは必要になることでしょう。

インジェクション車の場合は、気にしなければフツーに走れてしまうのですが
それはコンピューターがエンジン冷えてることを検知して、ガソリン噴射量を増量したり、点火のタイミングを変えたり、スロットルを調整しているから走れてしまうのです。
ちょっと無理して走らせている感じですね。

じゃ、暖機運転しなかったらどうやねん?ってことですが
まぁ、走れるし、すぐに大きな問題になることもないので、どうってこともないかもしれません。
ただ、長い目で見るなら、エンジンやミッションに良いことは無いです。

いちばん良くないのは、暖機運転せずに走り出し、数キロ、5分や10分走って暖まったか暖まってないかくらいで止める・・・を繰り返すことでしょうか。
ガソリンの噴射量が多いまま走り出してエンジン回転を上げるので、燃費は悪いし、カーボンやスラッジというような燃えカスがエンジン内に蓄積していき、それらがまたいろいろと悪さをするのです。

最近のクルマは暖機運転は必要ないという人もいるけど・・・
たしかに加工技術、製造技術の向上で、精度良く製造されているのは確かなこと。
エンジンの制御システムなどの高度化などによって、なにも感じずに乗れてしまうこともあります。
でもエンジンが金属でできている以上は、膨張、収縮はするわけで。
最近は水温計無いクルマも多いですが、冷えてる時はブルーのランプが点灯してたりしますよね。
暖機運転必要なければ、そんなランプもいらんわけで。
まぁ、5年くらいで買い替えるなら、あまり考える必要も無いことなのかもしれませんし、
EV車なら暖機運転しようにもできません(笑)


で、暖機運転はどれくらいするんだ?ってことですが
エンジン的には水温計が真ん中近くくらいまで上がるのがベストかもしれませんが、
燃費とか、環境とか、ご近所さんとかのことも考えると、
水温計がブルーのラインから出るくらい(1/4くらい)上がれば、回転を抑えつつ走り出せばいいのではないかと思います。
気温にもよるけど、3~5分くらいでしょうか。

Miniや英国車専門店や旧車専門店で車輌購入した方なら、
暖機運転の必要性は納車の時に説明されてご理解されてる方がほとんどですが、
個人売買や一般の中古車販売店などで購入された場合は、知らない方もおられるかもしれません。

知らなかった方は・・・

暖機運転した方がええよ~☆









Miniのメンテナンスは  ブルーウイング
2019/02/04(Mon) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NYMM 2019
今期最大寒波到来!らしいです。
でも、ここ敦賀はまだ積雪無し。。。
これから積もるんかな。




さて、
遅ればせながら・・・ NYMM行ってきました。


2019nymm.jpg








小雨にもかかわらず、参加台数は今年も記録更新して500台近かったとか。
前売り券無しなのに・・・当日雨だからやーめたっ って方もおられたことでしょう。
なのに記録更新はすごいです。


いろんな方と、新年のご挨拶して
つーか、ここでしか会わない方もおられ・・・年に1回のご挨拶とかも。
で、よいお年を!と、また来年に会う約束してたり(笑)


今回から実行委員長が変わり、イベントの内容も変わり
ゆったりのんびり感が増したように思いました。
これで晴れてたら、もっとよかったやろなぁ~。

運営スタッフの皆様、遊んでくれた皆様、ありがとーございました。








ローバーミニ 専門店  福井 敦賀  ブルーウイング
2019/01/26(Sat) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2019年 クラシックミニのイベント
明日はニューイヤーミニミーティングが神戸で行われます。
天気もまずまずのようですね。



さて
今年のクラシックミニのイベントは・・・

1月20日(日) ニューイヤーミニミーティング 
   神戸総合運動公園

2月20日(水) 鈴鹿サーキット走行会
   鈴鹿サーキット

4月29日(祝) 27th JapanMiniDay in 筑波
   筑波サーキット

5月19日(日) OKAYAMA International Classic
   岡山国際サーキット

8月24日(土)、25日(日) クラシックミニフェスティバル
   富士スピードウェイ

9月未定  British Picnic
   中蒜山オートキャンプ場

10月未定 北陸三県ミニミーティング in 福井
   福井県敦賀市の予定

11月3日(日) JapanMiniDay in 浜名湖
   浜名湖渚園



全てはとても網羅できず・・・大きいイベントや関係のあるものだけということで。
全国津々浦々で大なり小なりのイベントが今年もたくさん開催されることでしょう。

今年はミニ生誕60周年!ですから、それもからめたイベントも多くなるんじゃないかと思います。
たくさん楽しんじゃってくださいっ。







BMC Mini Cooper Special Shop  BlueWing
2019/01/19(Sat) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NYMM
今年も10日が過ぎ。。。
寒中お見舞い申し上げます。
でも、この辺は雪降らないです。
週間天気予報でも、雪マークないですねぇ。
ま、昨年の大雪は、2月上旬でしたから・・・まだまだ冬はこれからでしょうか。



さてさて
神戸で行われる、ニューイヤーミニミーティングは来週末20日(日)です!

11th NewYear Mini Meeting 2019
日時:1月20日(日) 8:00ゲートオープン 10:00開会式
場所:神戸総合運動公園P18駐車場
入場料:1台 1,500円記念品付き
お問い合わせ:NYMM実行委員会



私も雪で身動きが取れない・・・とかでなければ、参加いたします。
ご一緒される方おられましたら、ご連絡くださいませ。







クラシックミニ 専門店  ブルーウイング
2019/01/10(Thu) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます☆
2019年、平成31年からの・・・新元号の年が明けました。
いかがお過ごしでしょうか。


さて
今年はMini生誕60周年!
還暦!
こんなにみんなに愛されて還暦を迎えるクルマなんて、そうそうあるもんじゃない。
まぁ、還暦って日本だけの風習ですが・・・でも、60年・・・すごいです。ほんとに。
またこれからミニの歴史は続きますし、みなさんで続けていってほしいと思います。


60周年記念イベントも各地で開催されることかと。
今年もたくさん楽しみましょ~。


で、今年も宜しくお願いいたします<(__)>









ミニの60周年 ブルーウイング
2019/01/04(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年もありがとうございました
さっぶっ。
雪、どうですか?
敦賀はちらほら降ってるけど積雪には至ってない感じ。


さて
今年もあっという間に年の瀬。
昨今、人生100年と言われるようになってきて
あと何年かすれば、がんなどもある程度は克服できるようになるだろうし
再生医療ももっと発達するだろうし
そうなると、ほんとに人生100年が現実味を帯びてくるような。。。

長生きすれば幸せかというと、そうでもないだろうし
短い人生が絶対に不幸かというと、そうでもないでしょう。
どう生きたか・・・。

変化するスピードがどんどん早くなっていく世の中を、それに順応して100年生きていくって、
大変になっていくんだろなぁ~。
人間って、大きな変化はあまり好きではなく、落ち着いてる方が心地いいものですから。

大変かもしれないけど、変化していくことの中でポジティブな面とか、楽しいと思えることを見つける素質?というのが大切になっていくのかな。
もしくは、自分から変化していくとか。


今年は自分自身、淡々と過ぎていって、あまり変化の無い感じでした。
それはそれでとても幸せなことなんだけど。
来年は年号変わったり、いろんなきっかけを作るのにはいい年ですよね。
少し自分から変化をしていきたいなぁと思う平成最後の年の暮れでした。


今年も関わっていただいたみなさま、ありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください☆



さてと、年賀状作ろ。。。












クラシックミニ 英国車 スペシャルショップ 敦賀 ブルーウイング
2018/12/29(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
年末年始営業のお知らせ
明日から寒波到来?!
雪が降るそうで・・・年末年始に移動される方は交通情報など確認して、早めの行動や留まることも考慮した方がいいかもですね。
お気をつけて。


さて、
当店の年末年始の営業のお知らせです。

12月30日(日)~1月3日(木) まで冬季休暇 とさせていただきます。

ネットショップの方も、その間はご注文は承りますが、対応、発送は承ることができません。
1月4日以降、順次対応、発送とさせていただきます。
29日までは発送承りますが、宅配貨物の混雑、交通の混雑などで到着日時は遅れる可能性もございます。


また、店舗での作業などは、在庫商品であれば対応できますが
取り寄せ商品が必要な場合は7日(月)以降の対応になると思います。

ご理解ご了承お願いいたします。







クラシックミニ専門店  ブルーウイング
2018/12/27(Thu) | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Merry Christmas ☆
クリスマス3連休楽しんでますかー?


今年もイギリスのジョンルイスのクリスマス広告はいい感じ。
エルトンさん降臨!
















プレゼントが人の人生にものすごい影響を与える。。。
かもしれないですね。


ハッピーなクリスマスを☆








2018/12/23(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミニのウッドパネル補修
サンタ、いつまで信じてた?
う~ん、思い出せん。
子供に小芝居するような親でもなかったような・・・そんな時代でもなかったような。。。
新聞の折込広告に入るおもちゃ屋さんの広告を溜め込んで、吟味を重ねて指定してたような気がする(笑)



さて
現在進行中のリフレッシュ作業。
20年前のミニのウッドパネルは、表面のコーティングにヒビ割れ、クラック、捲れ上がりが多数。
ガレージ保管で走行も少ないミニでない限り、多かれ少なかれ、発生している現象かと。
これは、表面のコーティング(クリア層)の劣化や、木材の収縮、反り、湿気などで起こります。


woodpanel1.jpg



コーティング剥がし中





剥がしたコーティングも劣化して変色してますね。
多くのパネルは少し黄色っぽくなってますが、新車時はもっと濃いブラウンというか赤味がかってたというか・・・そんな色でした。

浮いているコーティング層はパリパリとすぐに剥がれるけど
浮いてない部分は、地道に剥がすしかなく。。。



補修方法はいくつかあって
専門業者に再生依頼するか、
リメイクキットと言われるパネルを貼り付けるか、
カッティングシート張るか、
ビニールレザーやファブリック(布地)のようなものを張るか
ペイントするか。。。
そんなとこでしょうか。

今回はオーナーさんと相談してペイントすることに。
ペイントは補修というよりも、イメチェン的要素の方が大きいですね。


woodpanel2.jpg


コーティング層剥離






なんとか剥がれてくれました。
この木目があるのは表面の1mmくらいで、その下は合板、よく言われるベニヤ板です。
この状態から表面を少しサンディングして綺麗にしてコーティングすれば新車時のような木目に再生できます。
(この木目層にもヒビ割れや反りなどがあって、単純ではありませんが)


で、今回はペイントですので、サンダーで表面を均一に削っていき、
割れなどが酷いところはパテ入れしてから研いで
プライマー(下地剤)を塗装して、希望の色にペイント・・・という工程です。

今回はここまで。
完成したらまたアップしまーす。








ローバーミニ 再生 リフレッシュ ブルーウイング
2018/12/20(Thu) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
TWEED RUN
先日、ツイードランに参加してきました。
ツイードランって? ですよね。

tweedrun1.jpg









2009年からロンドンでスタートしたイベントで
イギリスの伝統的な服飾素材であるツイードを身に纏い
自転車で街を走るというもの。
ニューヨークやフィレンツェなど世界中に飛び火して、日本でも東京、大阪、名古屋などで開催されている。
ツイードランで検索してもらえれば、いろんなとこで開催されているものが見られるかと。
今回は愛知県犬山市の犬山城周辺で開催さてたものに、お客さんと3台で参加。
150台(人)くらい参加されてたかな。


tweedrun2.jpg


こんなところをのんびり走る









何十キロも走るような本格的な自転車イベントは私にはムーリーなので
これくらいのポダリングがいい感じです。
クラシックカーのラリーイベントとかもちょっとハードル高いけど
自転車で気軽に参加できるもの◎


tweedrun4.jpg


犬山城とかも眺めながら。。。





コース決めたり、各所に承諾得たり・・・主催者さんもタイヘンなんだろなぁ~。



tweedrun5.jpg



観光客の多い通りでは注目の的。
いや、好奇の目か(笑)








tweedrun3.jpg


走り終わって。。。




クラシックモールトンにお乗りの初対面の方々とモールトン談義。
ミニのイベントとおんなじ光景(笑)



tweedrun6.jpg


ツイード素材で作った着物を着た学生さん






アフターパーティでは、服飾系の学生さんたちのファッションショーとか
ベストドレッサー賞の発表とか。。。
女性の参加率も結構高かったな。

自転車のイベントなのに、自転車の賞が無いのが不思議。
ロンドンのイベントでは、クラシックの自転車賞や、自転車のドレスアップ賞もあるのにな。


昔の秋冬の服といえば、ツイードやコーデュロイやウールがほとんどだったんだろね。
今じゃ、ナイロンやビニールやダウンとかが主流だけど。


新しい服はほんまに必要か?
新しい自転車っているの?
最新モデルのクルマに乗り換えるのって、ほんまにエコか??

そんなことも感じられたような。。。
(大袈裟)

イベントスタッフの皆様、遊んでくれた皆様、ありがとうございました。


それと
今日はミニのラバーコーンやハイドロラスティックサスペンションを開発した、モールトン博士の命日。
楽しいクルマと、楽しい自転車を、ありがとーございましたっ!




tweedrun7.jpg








私が作業する傍らで、ツイードラン前日までゴソゴソと。。。
よー間に合いましたなぁ(笑)







モールトン ラバーコーン ブルーウイング
2018/12/09(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クラシックミニのリフレッシュ レストア
今週末は雪予報出てましたが、雨予報になってますね。
でも、ちょっと冷え込むようで・・・体調管理気をつけましょ。




さて
この前の記事と前後しますが。。。

ボディ補修前の状態


sidesill1.jpg


ドアの下んとこ






sidesill2.jpg


反対側も同様。
こちらは腐食孔も。。。





ドアの下の敷居の部分。
ここは、ドアの下の敷居部分のドアステップパネルと
フロアと繋がるサイドシルパネルが、スポット溶接という方法で接合されています。

が、写真の通り、20年間毎日のように使われてきた疲れは
このようにスポット溶接すら剥がしてしまっている状況。
(ドライバーを差し込むだけで隙間が開く)

これを見ると、ボディも消耗品ということを再確認させてくれる。
20年間、振動を与えられ、捻られ、それをやんわりと変形することで吸収し続け。。。
耐え切れなくなり、溶接が1箇所剥がれ、また一箇所・・・ということになる。
もちろん、雨、雪、融雪剤などの影響による錆、腐食や、足回りの劣化などもそれを加速させる。

ここまでになると、ボディ剛性はかなり低下している。
女性オーナーなので、ゆっくりのんびり走っていたからここまで持ちこたえられたのだろうけど、
これがハードな使い方をされていたなら、もっと早い段階でこのような状況になってたでしょうし
足回りを固めたり、車高を落とし過ぎたりすることでも同様にボディへのダメージは早くなる。


ここの部分は、当然サイドシルパネル交換。
(スポット溶接剥がす手間が少し省ける(笑))
サイドシル内の錆びも落として張り替えます。


最終モデルでも、もう20年を迎えます。
こういう状況にあるミニも少なくはないでしょうね。
でも、大丈夫。直せますから。





クラシックミニ の 補修 鈑金 塗装 は 敦賀 ブルーウイング
2018/12/07(Fri) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ローバーミニのリフレッシュ  レストア  
今年もラスト1ヶ月。
まったく師走感がないですが。。。



現在、リフレッシュ作業を進めているミニがペイントから返ってきました。


1812refresh.jpg



リフレッシュ作業中






オールドイングリッシュホワイトに。
この色に憧れる方はとても多い人気色です。


で、写真は、ルーフライニング(内張り)を張っているところ。
リフレッシュやオーダーメイドなら、張替えは必須ですね。
ライニングの色もいろいろと選べます。
写真のものは、ボディとほぼ同じ色で張り替えです。
まだ気温がそれほど低くないので、ライニングもしなやかで張りやすいっ。
これが真冬だと、なかなかタイヘンなんだな。


さーてと、組み付け作業がんばりましょ。
年内にどこまで進むかなぁ・・・(汗)




お知らせ
明日、12月1日(土)は都合により臨時休業とさせていただきます。
ご了承お願いいたします。






クラシックミニ の リフレッシュ  レストア のことなら ブルーウイング
2018/11/30(Fri) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ニューイヤーミニミーティング
早いもので、もう来年の話ですが。。。


ニューイヤーミニミーティングまで、あと2ヶ月となりました。
今回で11回目。
今回より実行委員長などの交代もあり、イベント内容も変わるようですね。
新しくどうなるのか期待です☆


The 11th NewYearMiniMeeting

日時:2019年 1月20日(日) 8:00ゲートオープン 10:00開会式
場所:神戸総合運動公園P18駐車場
入場料:1台 1,500円 特別記念品付
内容:フリマなど



参加予定してるけど、雪次第ですねぇ・・・今シーズンはどうかなぁ~。







クラシックミニ ローバーミニ 専門店 ブルーウイング
2018/11/20(Tue) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いやぁ~映画って・・・
ボヘミアン・ラプソディ 観てきました。


イギリスの伝説のロックバンド、クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーの生き様を描いた映画。

クイーンの曲を聴いたことが無いって人は、まぁいないでしょう。
それくらいそこかしこでいろんな曲が使われてたりする。
私も熱烈なファンではないけど、不思議とふと時々聴きたくなる。
そして何枚か持ってるCDを引っ張り出して聴く。。。

で、不思議となんだか観てみたいと楽しみにしていた。
45歳という若さで逝ってしまった、伝説と言われる彼の生き様を見たかったのと
もちろん映画で使われる曲も、どこでどうやって使われるのかとか。。。







で、どうだったか?
私は、 すごくいい映画だった!と言われて観に行って、あまりいい思いをした記憶が無いんだな。
自分で期待値をすごく高め過ぎてるのか、ほんまにおもろいんか?という疑いの冷めた目で観てしまうのか。。。

なので、とにかく観て!と。(記事にして薦めてる時点でどうだったかわかる(笑))
映画館で!絶対に映画館で!!
映画館で観ないと、この映画の価値は半減すると思う。
そして、最初から観るよーに!冒頭の 20th Century Fox ファンファーレ も映画の一部だから。
クイーンをまったく知らなくても大丈夫です。

また、日本語の曲を作って歌うくらい日本が大好きだったフレディ。
当時はお忍びで日本に来て、一度に数千万円の買い物したとか。。。
映画の中でも、フレディがバスローブ代わりに着物を着てたり、家にお寺のお札があったりと、日本好きもしっかりと盛り込まれてるのも、日本人にとっては嬉しいポイントです。


あっ、Miniも一瞬だけど登場します。
グラシアホワイトのMkⅢ。 
ちゃんと70年代のミニを登場させてるのがスバラシイ。



フレディがデビュー前に働いていたロンドンヒースロー空港の職員によるサプライズショー




洒落っ気がありますねぇ。


映画効果で、クイーンの楽曲が再びヒットチャートを賑わせているとか。
サントラ欲しくなったのは言うまでもない(笑)







イギリス車専門店  ブルーウイング
2018/11/16(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャパンミニデイ
ミニデイ、行ってきました。

前日から天気予報があやしい感じに変わって。。。
事実、お昼過ぎた頃からポツポツと。。。
で、店じまい。

いつもは帰りもかなり遅くなるのですが
今回は同行した方々と一緒に帰ってきました。
今日の疲労感はいつもよりマシなような気がする(笑)

でも、午前中は降らずに持ちこたえてくれてよかったよかった。
朝から降ってたら、テンションダダ下がりですからねぇ。

たくさんの方々にお店に方に来ていただき、また、ご購入いただき、ありがとうございました。
運営の皆様、一緒に遊んでくれた皆様も、ありがとうございました。



今年参加するミニのイベントはこれで終了。
来年は、ミニ生誕60周年!そして、日本も新しい年号へ。
なんかキリがいいですね。
夏には富士スピードウェイにて、2日間かけて60周年記念イベントが行われる予定です。
来年もいろいろと楽しみましょ~☆



写真、1枚もなく・・・スイマセン。。。





BMC BLMC Mini  Cooper Special Shop  Bluewing
2018/11/05(Mon) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ