FC2ブログ
コブラシート張替
桜の葉が芽吹きはじめ、新緑の季節になってきました。
草むしりがたいへんな時期になるということですね。。。


さて
先日、コブラシートの張替をさせていただきました。
クラシックミニには定番のコブラシート。
付けている方も多いのではないでしょうか。
ただ、耐久性に少し難があると言われますね。

cobra211.jpg


今回張替させていただく
コブラシート
張替え前




内部のウレタンが崩壊して、背もたれ部分は 板 状態。。。
サイドの肘下あたりのフレーム部分もウレタン崩壊で、パイプの上にシート表皮みたいな。。。
ウレタンが崩壊しているので、表皮は引っ張られて、縫い目から裂け始めています。

どれくらいでヘタり始めるかは乗車回数や乗車時間によると思いますので
なんとも言えませんが、日常的に使っているなら4~5年くらいからなんかヘタってきたかな・・・と感じるかも。
週末にしか乗らないっていうのであれば、もっと長持ちすると思います。
でも、ウレタンって、置いておくだけで加水分解するので、乗らなくてもある程度はヘタってくるのでしょう。
(昔買ったスニーカーのソールは軒並み崩壊して処分したな(泣))


cobra212.jpg


張替え後






ウレタンも純正より厚く加工してもらい張り替えてます。
オーナーさんいわく、乗り心地は雲泥の差!だそうです。
新品時よりも良くなっているとのこと。
ウレタンも良質なものを使用しているので、新品よりも長持ちすると思います。

新品よりも値は張りますが、乗り心地が良くなり、長持ちして綺麗になり
新品品質を上回ることを思えば
新品に交換すると判断する前に、一考の価値はあるんじゃないかと思います。





2021/04/08(Thu) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花見ツーリング 2021
今日日曜日は予報どおり雨になってます。
ツーリングは昨日に変更して正解でした☆


約半年ぶりのツーリング。
日程変更にもかかわらず、たくさんお集まりいただきありがとうございました。

21hanami1.jpg
集合場所にて




クラシックミニのみならず、英国車、欧州車、国産車、いろいろ集まっていただきました。
晴れてるけど、現地は曇っているとの情報も。



21hanami2.jpg

やはり曇ってました。
が、桜は満開☆




クルマは多いけど、まだ渋滞までにはなっていない時間帯です。
このあと、もう午後には大渋滞で入れなかったそうです。


21hanami3.jpg

ミラー越しに1枚。





いつも先頭を走るので、ツーリングといえど、前を向いて運転している時はソロと同じ(笑)
ミラーを見たときのみツーリングを実感できます。


今回は湖畔に停める場所が無く、撮影タイムをとることができませんでした。
ざんねん。。。
でも、満開の桜のトンネルをクルマで通れるココは、何回来てもいいものです。



21hanami4-1.jpg

道の駅 追坂峠




ここで撮影タイム&談笑タイム&朝ごはんタイムです。
ここの桜も毎年少しずつ大きくなっているような気がするなぁ。



今回は天候によって開催日程を変更させていただきました。
変更によって参加できなかった方もおられたかと思います。
海津大崎の桜は、今週前半くらいはまだ楽しめるかと思います。
敦賀からは30分くらいで行けますので、仕事終わりなどにドライブしてみてはいかがでしょ~か。
1台や2台なら、湖畔に停車して撮影なども楽しめると思いますよ。


ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
また行きましょ~~☆




2021/04/04(Sun) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花見ツーリング 2021
花見ツーリングの記事連投です(笑)
開催日を変更しているので、念には念を。


明日の天気は晴れ!

ということで、
花見ツーリングは 明日3日(土)に決行 させていただきます。
日曜日ではございませんので、お間違いのないようにお願いいたします。

集合は8:00までに アクロスプラザ敦賀駐車場にお集まりください。

では、お気を付けてお越しくださいませ。






2021/04/02(Fri) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花見ツーリング 開催日変更
桜満開ですね。
海津大崎も満開になっているようです。


さて、花見ツーリングですが、
3日(日)の天候がよろしくない感じですので
4日(土)に変更させていただきます。


集合は8:00までに、アクロスプラザ敦賀駐車場です。
現地は9:00から交通規制になり、時間が遅くなるほど渋滞も予想されます。
遅れることのないようにお願いいたします。

途中合流される方は、セブンイレブン海津大崎店 あたりがよろしいかと思います。
8:30ごろに通過予定ですので、通過したらついてきていただければと思います。

遠方よりお越しの方は、渋滞など予想して余裕をもって、気を付けてお越しください。

最終の目的地は 道の駅 追坂峠 です。
一応、朝食を食べて解散ということにさせていただきますが、朝食はスルーされても構いません。
解散後はご自由にお過ごしください。


では、満開の桜を楽しみましょ☆











2021/04/01(Thu) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花見ツーリング
桜の開花ペースが早いですね。
ここ敦賀もそろそろ満開かなといったことろ。
海津大崎は、五分咲きくらいのようです。


で、天気予報ですが、来週4/4は曇り時々雨・・・みたいな、なんとも微妙な感じです。
土曜日が晴れそうなら、土曜日に変更する可能性も出てきました。

まだどちらとも言えない状況です。
一応、変更の可能性もあるということで、様子見たいと思います。
またお知らせさせていただきまーす。









naga.jpg




仲間呼んだらしい。。。
(本文とは関係ありません)






2021/03/28(Sun) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花見ツーリング
明日はもう春分の日なんだ。。。
どうりで随分日が長くなったと感じるわけだ。
京都や大阪では桜も開花したようで、平年よりも早いらしいですね。


ということで
花見ツーリングは 4月4日(日)を予定しております。


花見ツーリング 2021
日時:4月5日(日) 天候により変更もしくは中止あり
集合出発時間:8:00までに、アクロスプラザ敦賀 駐車場
行き先:海津大崎~道の駅 追坂峠
ルートはR161より海津大崎を経由して、道の駅追坂峠にて朝食後解散


クラシックミニ、英国車に限らず、国産車、外車、バイクなど、ツーリングを楽しめる方であれば、どなたでもご参加いただけます。
ご家族、お友達などお誘い合わせてご参加ください。
途中合流、現地集合もOKです。
自由参加ですので、申し込みやご連絡は必要ございません。直接集合場所へお越しください。
午前中で終了解散しますので、その後は各自ご自由にお楽しみください。
開催の決定、変更などは、前日にHP、ブログでお知らせいたします。
コロナを気にされる方は、花見ツーリングのみお楽しみいただき、朝食はスルーしていただいてもよろしいかと思います。

天候により、3日(土)、もしくは翌週に変更になる可能性もあります。

開花状況は コチラ よりご確認くださいませ。


また、近くなりましたら状況をアップさせていただきま~す。




2021/03/19(Fri) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クラシックミニの車高
何年かぶりに体重計(体組成計)に乗り・・・
体年齢という値が、実年齢より若く表示され・・・
ちょっと嬉しく思うということは・・・歳とったってことね(-.-)

年齢に対する標準的な数値より、骨格筋率を増やし基礎代謝を上げて、体脂肪率を落とすと、体年齢は若くなるらしい。
日頃、運動なんてなんもしてないので、これで運動したらもっと若くなれるのかっ?!
でも、少しふっくらしてる人の方が長生きするというデータも。。。
どないやねん(;´Д`)



どーでもよい話は置いておいて
ミニの車高の話ね。

皆さんのミニの車高はどんな感じでしょうか。
一応、最低地上高というのは決められてまして・・・9センチとされてます。
これクリアしないと車検は通んない。。。
サスペンション系は除外されるので
ローバーミニだと、排気系が一番低い部分でしょうか。

私がチェックで使うのは、木材のツーバイフォー材。
あの幅が89mmなので、あれが車輛の下に入って引っかからなければ、ほぼOKかと。
つーか、OKなミニなんているのやらいないのやら(笑)


クラシックミニの車高を調整するには、車高を調整するパーツが組み込まれていることが必要になります。
一般的に言われる、ハイローキット、ハイトアジャストキットなどと言われるものです。
現存する大多数のミニには既に装着済かもしれませんね。

これは本来、車高を 調整 するためのものです。
ミニはフロントヘビーなために、フロントのラバーコーン(特に運転席側)が早期に潰れて車高が落ちてくるのを
元の車高に戻すというものです。
でも、みんな車高落とすんだな、これで。当たり前です。カッコエエもん。


ただ、車高落とし過ぎはアカンで~と、ここでは言いたいわけです。
なにごともバランスが必要です。ええ塩梅ね。

ここで1枚の写真を。

tan_20210307164024935.jpg


左後ろのフェンダーパネル






ちょっとわかりにくいかもしれませんが
不自然なパネル面が見られます。
折れ目が付いているような。
決してどこかにぶつかったわけではありません。


これは、車高の下げ過ぎにより、タイヤがフェンダーパネルにヒットして突き上げられ
このように折れ目がついてしまっています。
この車輛だけではなく、このような状態は何台も確認しています。

数回の軽微なヒットであればこのようなことにはなりませんが
強くヒットしたか、あるいは何回も何回もヒットして、このような状態になります。
ヒットしているかどうかは、走行中の音でわかるハズですし、タイヤハウスを下から覗けば、タイヤとの接触で塗装がハガレているので確認できます。


リアだけではなく
フロントの車高を下げると、バンプストップラバーにアッパーアームがヒットして
サブフレームが歪んだり、サブフレームマウントの早期のヘタリや、マウント取付部のボディ側にクラックが入ったりします。
走行中の振動やショックをボディが受け止める比重が高くなりますので、キシミ音なども多くなります。

レーシングカーはもっと低いやん!と思うかもしれませんが
それは、いろんな対策や補強などがされているから可能なこと。


ボディも消耗品と考えるなら、車齢が20年、30年・・・となってきているミニを痛めつけるようなことは避けて
バランスをもって、実年齢よりも若く保ちたいものですね。







2021/03/07(Sun) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クラシックミニのイベント
数日前は春のような陽気でしたが
昨日あたりから寒くなって、敦賀は10~15cmくらい雪が積もってます。
でも、天気予報見ると、すぐに溶けそうです。
まさに三寒四温。


さて、暖かくなるにつれ、クラシックミニや英国車のイベントの情報も行き交うようになってます。
去年とはやはり違う雰囲気ですね。
去年は、新型コロナのことがまだよくわからずに恐々としてましたが
もうだいたいのことはわかってきてるし、ワクチン報道もあって
収束の期待感からか、株価も高値更新してますしね。


ということで、イベント情報です。

4月29日  JAPAN MINIDAI in 筑波 

5月16日  OKAYAMA International Classic

10月     北陸三県ミニミーティング in 富山

11月7日  JAPAN MINIDAY in 浜名湖


残念ながら、富士で行われるミニフェスは2024年まで開催されないようですが、
全国で行われる他のイベントも様子見ながら開催されるんじゃないかと思います。
また情報がありましたらお知らせしたいと思います。

去年の分も楽しめるといいですね☆






2021/02/18(Thu) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の花見ツーリング
今日も寒く、雪がちらついてますが、
日も長くなってきて、少しずつ春に向かっているのを感じます。


春といえばツーリング!?
去年は花見ツーリング、非常事態宣言発令で行けなかったんだ。。。

今年は行きたい!っていう、願望というか想いというか
楽しいこと考えてた方が明るい気分になれるし、
そんなんもあって、早めに告知しとこかと。
といっても、もう2ヵ月もしないうちに桜が咲くんだな。。。


決行日は桜の開花状況によるのでまだなんとも言えないですが、
4月4日か11日のどちらかになるんじゃないかなぁ~と思います。
行先は、毎年恒例の 海津大崎。
ルートも毎年同様となると思いますが、また近くなったらお知らせいたします。
クラシックミニや英国車限定ってことでは無いので、参加したいなぁ~って方は、予定に入れといてくださいっ☆






2021/02/08(Mon) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ガソリン車がなくなる?!
もう1月終わるんかぁ~~。

昨今の自働車業界での大きなニュースは
2030年代半ばにガソリン車販売禁止 の報道でしょうか。
長くなるので、興味ない方はスルーで(^_^;

この問題は、いろんなことが絡んでいて、とても難しい。。。
いろんな人と話をしたりして、心配してる人とか、報道に流されてるなと思う方もおられるので、ちょっとまとめてみよかなと。

環境問題の専門家でもなんでもないので、間違ってる部分もあるだろうし、そうかもね~くらいで読んでもらって、あとは読んだ人がそれぞれ考えてくれれば・・・と思います。

個人的なスタンスとしては、環境問題は大切だけど、もっと全体的にみて、いろーんなこと考えなあかんのとちゃう?とにかくEV化だー!EV最高!EVやればOK!じゃないんとちゃうやろか?
安心していただきたいのは、10年後、15年後に現存のクルマが買えなくなるとか、ミニや旧車に乗れなくなるということでは無いということは知っておいてくださいっ。


報道発表は、2030年代半ばに、純粋なガソリン、ディーゼルの乗用車(軽自動車含む)の新車販売を禁止。
新車の販売を、EVやハイブレッドのみにするってことですね。
世界的な流れで数年前から規定され始めてたので、
先進国である日本もそのうちに発表があるだろうなと思ってましたが、
2030年代半ばとは、かなり急いでる印象。

ってか、なぜにコロナ禍の今?と思うことも。
東京都知事さんは、さらに早い2030年に!と言い出してますが、
後先考えない、政府より先を走りたいという単なるパフォーマンス発言?人気取り発言?のような。。。


この報道があってから数日後に、自動車工業会の豊田章男会長(トヨタの社長)が会見を開いてましたが
すごく真っ当な会見だった印象です。

自工会 豊田会長が全面EV移行に懸念


チャレンジはするが技術的ブレイクスルーが無いと難しいとして
・日本の自動車業界として、CO2排出で既にかなりの努力と実績を出している
・日本のEV化は遅れていると言われているが、決してそんなことはない
・日本のエネルギー政策の転換が必要(日本の発電はCO2を排出する火力が約8割、フランスは火力約1割)
・上記を考えると、発電でCO2を排出する日本ではクルマが作れない
・仮に乗用車を全てEV化したら、電力需要がひっ迫し、原発であと10基、火力で20基分の発電が必要
・充電のインフラに14~37兆円必要
・戸建ての充電設備で、10~20万円、集合住宅で50~150万円、急速充電器だと平均600万円かかる
・電池の供給が現在の30倍必要
・EV車の新車検査では、家庭1軒の1週間分の電力を使い充放電のテストをする
・年間50万台を生産する工場では、1日に家庭5000軒分の電力が検査だけで使われる
・そういうことをわかって、政治家があえてガソリン車を無くそうと言っているのか?
・コロナ禍で就業者数が日本全体では93万人減っているが、自働車業界は11万人増やしている
・仮にカーボンニュートラルで日本で作ってるクルマはCO2の排出が多いため作れなくなると自働車業界崩壊(日本の基幹産業崩壊)
・これが日本のために、ほんとうにいいことなのか?


会見をまとめると、概ね上記の感じかと。 
ちょ~簡単に言えば、日本でEV化してもCO2削減にはならんし、大打撃受けるだけやで。と。 正論!

個人的には、動画11:30あたりからマスコミ報道に苦言を呈するところが印象的だったな。
昨今のコロナ報道もそうだけど、いかに正しい報道がされずに偏向、誘導、扇動の報道がされているか、豊田社長も危惧していることがわかりますね。


さて、豊田会長の会見だけでもいいような感じですが、まだまだ(笑)


・そもそも、世界のCO2総排出量で、日本が排出してるのは3.4%。 さらにその中の乗用車が出す量は9%
ということは、日本の乗用車が出すCO2は世界の総排出量の0.3%くらい?

たった0.3%のために、基幹産業とその周辺産業を奪い、失業者増やし、国民を苦しめる?
そんな0.3%くらい、隣大国で工場がちょっと増えれば吹き飛ぶくらいなんじゃ。。。


・化石燃料を燃やしてお湯を沸かしてタービン回して電気にして、さらに送電網で電力がロス。
それを充電して、また動力に変換して・・・エネルギーの変換を考えると、最初の燃焼の30%くらいしかクルマの動力エネルギーとして使用できないらしい。要するに70%ほどがロス。

かわって、今時の新しいクルマの効率的なエンジンなら、直接燃焼させて動力に変換すると、約50%を動力エネルギーとして取り出せるらしい。
ということは、火力発電レベルの燃費を達成しているガソリン車ならOKってことでええんとちゃう?
ってか、日本の発電構成では、EV化するとかえってCO2増えるということ。


・ガソリンや軽油はどうやって生産されているのか。。。
原油を精製、蒸留して作られますが、その過程で、重油、軽油、灯油、ガソリン、ナフサ、LPガスなどができてくる。
じゃ、ガソリン車、ディーゼル車廃止すると、どうしたってガソリンや軽油が余るけど、どうするんだろ。

地中に戻す? どのみちどっかで燃やされるんじゃない?
重油も作らない?なら火力発電は? 船はどうやって動かす?
灯油も作らない?なら飛行機は?暖房は?
アスファルトはなくす?道路できませんけど。。。


・量産効果でバッテリーは安くなり、EV車も安くなると言われるけど、30倍ものバッテリーが必要になれば、世界中で取り合いになり
需給のバランス崩れて高騰。。。?

スマホ、タブレット、ノートPC、電動工具などなど充電池使用されてるもの全て値上げ。
そもそも、全世界EV車化してそれだけのリチウムや他のレアメタルが採掘&生産可能?
そのバッテリーの廃棄はどうすんだろ。


・今シーズンは雪で高速道路や国道などで何十時間という立ち往生が発生しましたね。
あれがEV車なら・・・コワっ。

燃料は配れるけど、電気は配れない。。。
(配れなくはないけど、電源車がどれだけいるんだ。。。)
大惨事になってからでは・・・命は返ってこない。
国土の半分くらいで雪が降り積もる日本では、他の国や地域と同じにはいかないと思うけど。
もっとシミュレーションしてから政策決定するべきじゃ?


・月極駐車場とかは充電どうする?


・この冬は節電要請が出る寸前だった(出てた?)のに、どうやってEV車充電するんだろう。


・やっぱ原発だなってなるのか。
地震大国ではリスクあるし、核のゴミ問題はどうにもならないし。。。
世界中で原発乱立してるけど、そのうちいろんな問題出てくるような。。。


・中国や欧州が、ガソリン車やハイブリッドの技術や低燃費では日本メーカーに太刀打ち出来ないので、EVを持ち出し日本潰しの罠をかけてきたのに乗っかった?

オリンピックなどのスポーツ界でもあったなぁ~。
日本が強すぎるからルール変更とか。


・EV化だけを進めるんじゃなくて、現時点でCO2排出少なくエネルギー効率がよくて、充電設備や発電所、新たなインフラもいらないハイブリッド車を世界標準として外交努力することが日本のためなんじゃ?

もしくは、国内は本当のエコを追求、議論して、もうちょっと緩やかに規制していって、他の国でクルマ売るなら、その国の規制に各メーカーで対応、努力してね。ではダメなの?(効率悪いのはわかるけど)


・世界の動向に乗り遅れるからやる?
エコや環境を謳えば反対する人もあまりいなく、利権が絡む政策や法律もガンガン通るしね~。

政府や首相にEV化を進言した経産省の参与は、テスラの社外取締役だったとか。
日本のEV化報道と合わせて、テスラの株価暴騰。。。
見せかけのエコ の裏に エゴ。。。


・環境問題って、他にもいろいろあるのに、炭素、カーボン、炭素、カーボン、炭素・・・・・・。
バランス悪すぎぃ。


・あと、10年、15年も経てば、CO2を直接回収、再利用するシステムや技術(すでにある)も、かなり普及しているハズ。
国民を苦しめるような政策より、こっちに予算ぶっ込んで技術開発を早めて一大産業にして、日本が世界をリードするくらいが幸せになれるような気がするけど。。。


少なくとも、以前にあった、古いクルマをスクラップにすると補助金もらえる・・・とかは止めて欲しい。
旧車がどんどんスクラップにされていくのは悲し過ぎるし、エコでもなんでもない。

まだ書くことありそうな気がするけど、長くなり過ぎたのでこのへんで。
世ノ中、矛盾ダラケダー!不条理ダラケダー!
知らんけどw









2021/01/31(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミニのガソリンタンク錆処理
アメリカ大統領にバイデンさんが就任しましたね。
就任式の様子をちょっと見ようと、演説を動画サイトで見ましたが
私が見たものでは、BAD評価が、いいね評価の2~3倍。。。(笑) 
で、トランプさんの退任の演説見てみると、いいね評価が圧倒的。。。
マスコミとは真逆の評価だな。
事実は小説よりも奇なり。。。?



さて、リフレッシュ中の ERA Mini Turbo のガソリンタンクを再生。

ガソリンタンクの中が錆びるというのは、不動の時間が長いことに比例します。
日常的に使用されていると、ガソリンが常に入っており、走行中にかき混ぜられ、タンク内壁は常にガソリンが触れていることになります。
よって、タンク内壁に水分が付着する隙を与えないため、錆の発生も抑えられます。
乗らない時間が長いクルマは、ガソリンが入っている部分は大丈夫ですが、それより上の部分は空気中の水分が付着して錆びていきます。

リフレッシュ中の ERA Mini Turbo も、30年経過車ですが、走行距離がものすごく短い = 乗っていない時間が長かった ということですね。
例にもれず、タンク内は錆ており、タンク外側も少し錆が出ておりました。



petank1.jpg


ガソリン注入口
処理前






petank2.jpg


タンク外側
ERAのタンクは通常モデルと違い
アウトレット径が太かったり、リターンパイプもあります。




クラシックミニのサルーンのタンクはトランク内にあるので、錆て酷い状態になることは少ないですが
これくらいの錆が出てることはよくあります。
ミニでもナガモノのタンクや、他の一般的な車輛はボディ底でむき出のパターンが多く、水分や泥、融雪剤にさらされますので、錆て酷い状態になることがよくあります。
よって、最近の車輛は樹脂タンクが増えてますね。
ま、10年くらいで買い替えるなら気にしなくてもいいけどね。


petank3.jpg


全てのパイプや穴を塞ぎ
錆処理剤注入




温度が高い方が反応良くなるので、お湯を混ぜて入れてます。
注入後も底部をヒートガンなどで温めて温度を維持します。
底部を温めることにより、温まった処理剤は上昇してタンク内に対流が起こり、自動的にやんわりと攪拌されます。
どーでもいいですが、熱対流を考えると、家のエアコンの風向は、冬は下向き、夏は上向きが鉄則!(笑)


petank4.jpg


処理後のタンク内





半日ほど放置後、処理剤を抜きます。
キレイになりました♪
処理後にコーティングする処理剤もありますが、ミニのキャブ車のタンク内には簡易的なフィルターが付いてるので
コーティングすると、そのフィルターが目詰まりする可能性もあるので
コーティングがいらない処理剤を使っています。


petank5.jpg



外装も塗装剥離






部分的な錆ならその部分だけ錆取りすればいいけど
今回は錆が全体的に点在してるので、塗装を剝がしてしまいます。


petank6.jpg



塗装下の点在する錆







petank7.jpg




点在する錆をスポットブラストで退治





ブラストという砂のようなものを高圧で吹き付ける道具があり
それで表面の点在する錆を除去していきます。


petank8.jpg



錆止め塗装







petank9.jpg



ペイントして再生完了






petank10.jpg



ガソリン注入口もキレイになりました☆






もし、長期的に乗らないのであれば、ガソリンは満タンにしておき
尚且つ、錆の発生を抑制する添加剤などを入れておくと、タンク内の錆はある程度抑えられると思います。
ご参考までに。






2021/01/18(Mon) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ERA turbo Mini リフレッシュ
さむっ。
朝はバシバシに凍結してましたね。
敦賀の積雪はうっすら積もるくらいですが、福井県でも領北(北部)ではかなり積もったようで・・・交通機関もマヒしてる感じです。
みなさん、運転はお気をつけて!
というか、積雪多い地域では、外出しないのが吉ですね。


さて、リフレッシュ作業中のERA ターボ ミニ の途中経過でっす。

era211a.jpg


外装分解中






era211c.jpg



クリア剥げ






era211d.jpg



サイドマーカー開口部
定番のミミズ錆







era211e.jpg


フロントナンバー取付部の下
スポイラーよりも一段と低い部分ゆえに、接触割れ及び補修跡
日本のナンバープレートが縦長なのが根本的な原因(笑)




era211b.jpg


スポイラーブラケットをどこかに引っ掛けたのか。。。
ブラケットが曲がり、スポイラーも損傷





era211f.jpg



スポイラー取付部(通常モデルはバンパー取付部)にも錆






rea211g.jpg



マフラーも錆がありますが、
マフラーは熱が入ったり、排気の水分が中に残りますから錆びやすいのは仕方ないですね。




この他にも、錆びている個所や、スポイラーのクラックなどはかなり存在しており、
車輛状態は良好ですが、30年という月日はいろんなところにダメージを残してます。
しかし、逆に言えば、30年前の車輛がこの程度のダメージ というのが、状態の良さを表してますね。


また作業過程アップしまーす。




2021/01/09(Sat) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あけましておめでとうございます。
みなさま
あけましておめでとうございます。
昨年はお世話になりありがとうございました。


今日から仕事してる人が多いと思いますが、どんな年末年始でしたでしょ~か。
いつもとは違う年末年始だった人も多かったでしょうね。
また緊急事態宣言とか?無限ループのような。。。



冬来たりなば春遠からじ

辛い厳しい時期を耐え抜けば必ずいい時期がくる ってことですが
これ、少し前まで日本のことわざだと思ってました(汗)

ほんとは、イギリスの詩人 シェリーって人の詩

If Winter comes, can Spring be far behind ?

なんだそうな。
その時は、へぇ~って思ったと同時に なんで疑問文なん?って思った。
直訳では
冬が来るなら、春がはるかに遠いことがありえようか?
となるようです。
なるほどね。
ことわざ風?に訳した人がウマイね☆



さて、今年7月に BlueWing は、開業25周年を迎えます☆
四半世紀?
早過ぎぃ。。。だけど
みなさまに感謝!

一応、そんな記念の年。

良い年になってほしいと思います。
いや、きっといい年になるよ。去年よりは。
ウダウダ言ってても仕方ないので、ちょっとずつ前に進みましょ☆


今年もよろしくお願いいたします<(__)>



PS. 
休暇中に通信販売でご注文いただいた方々は、順番にご連絡、発送などさせていただいております。
ご理解、ご了承お願いいたします。




2021/01/04(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年もありがとうございました。
今年も残すところ2日余り。
なんか、いつも以上に早く師走が過ぎていったというか、年末感が無い感じがします。
もう年末年始休暇に入っている人も多いことかと思いますが、みなさんはどんな感じでしょうか。


2020年。
特別な年になってしまいましたね。
いい意味で特別ならいいんですけど。。。
歴史の教科書に載るのは確実。

どうにもこうにもネガティブな出来事でしたが
でも、そんななかにもポジティブな部分もあったって感じた人も多かったかもしれないし
そういうポジティブなことを考えたり思い出したりするのも、今年の終わりにはいいかもしれませんね。


自粛期間やテレワークが増えたことで
家族のふれあいが増えた、夫婦間の会話が増えた、子供とたくさん遊べたとかいう話はよく聞くし
夫が料理をするようになったとか
出かけたり外食などが減って貯金が増えたとか
副業を始めるきっかけができたとか
仕事や遊びや趣味などで、こんなやり方があったとか、違う方法でやったらうまくいったとか楽しかったとか
海や山や川や街がきれいになったとか
嫌やった学校や仕事のありがたみがわかったとか
イヤな付き合いが減ったとか。。。



ネットがある時代でよかったような気がしますね。
ネットなかったらテレワークなんかできひんし
外出せんでもポチればモノは届くし
引きこもってもSNSあるからそんなに寂しくもないし
テレビの煽り報道も見なくて済むし
サブスクで映画もドラマもアニメも音楽も見放題聞き放題だし(一昔前ならDVDレンタル屋は大繁盛だな)


でも、DNA解析が進んでない一昔前なら、日本に限っていえば、こんな大ごとにはなってなかったかもね。
毎年、肺炎で亡くなる人は 110,000人ほどいるから、3,000人ほど増えたところで3%ほどの誤差範囲。
DNAを増幅させて行うPCR検査なんか無かっただろうし
インフルエンザで亡くなる人が激減したーーー!って喜んでるかも(笑)


なんだかいろんなこと考えてしまいますが
大変な思いをした人もいたのは事実ななか、
普通のことや淡々と過ぎていく日常が、いかに幸せなことかに気付けたことはよかったことですね。


ということで、ブルーウイングは今年も年を越せることに感謝。
今年もみなさま、ありがとうございました☆
よいお年をお迎えくださいませ。



さてと、毎年恒例、今から年賀状作り。。。








2020/12/29(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クラシックミニのバッテリーの点検、交換
雪降りましたね。
ここ敦賀は10センチほど積もって、もうかなり溶けた感じです。
みなさんのところはいかがでしょうか?
冬の間は、作業場のシャッターを閉めて作業してることが多いので
シャッターが閉まってるわぁ~休みやん!と思わず、どうぞご来店くださいませ。


さて
ここんとこ寒くなってきて、バッテリーの交換を何回かさせていただきました。
そう、寒くなってくると、バッテリーの性能低下は顕著に表れます。(特に古いバッテリー)

今までエンジンがすんなりかかっていたのが
ある寒い朝にはうんともすんとも言わない・・・なんてことはよくあります。
そんな車輛は、発電機(オルタネーターなど)の不良の場合もありますが
ほとんどの場合は、バッテリーの劣化が原因かと思われます。
バッテリーの性能は、気温が低くなると低下してしまうからですね。
死にかけの乾電池を手で温めて一瞬再起させる裏技?は、バッテリー性能が温度によって左右されることを表してますし、
最近の電気自動車では、バッテリー自体を温める機能も付いている車種があるくらいです。
(バッテリー温めるのに電気(バッテリー)使うっておもろいな(笑))


バッテリーの容量や、乗車頻度、走行距離などによって大きく変わるので
一概に何年で交換するとかは言えませんが、交換から4~5年くらい経過したら、少し気にしておかなければならないと思います。
(あまり乗らない車輛であれば、もう少し早い)


交換タイミングはいくつかパターンがあります。
ご自身で充電器とかジャンピングスターターや、ジャンピングコードとそれを繋げられる他のクルマをお持ちでしたら、
うんともすんとも言わなくなるまでバッテリー使い倒してから交換するのもアリかもしれません。
一番経済的ではありますが、出先でバッテリー上がりを起こしてしまうと、困る可能性がありますね。

ある一定期間が経過したら交換するという方もおられます。
たとえば、車検2回受ける度に(4年)交換するとかいうパターンですね。
これが一番安心です☆ 
ただ、もう少し使えるかもしれないものを交換するので、コスト的にはほんの少し上がります。
ま、どうせ交換するんですから、安心と引き換えと考えれば、激安で安心が買えると思いますが。

少し敏感な人であれば、エンジンかける時に、スターターモーターの回りが遅くなったとか、エンジンのかかりが悪いとかいうことに気付きます。
この段階で交換する人が一番多いパターンですね。

あとは、車検や定期点検の際にチェックして、バッテリー性能の低下がみとめられる場合に交換するパターンでしょうか。


そろそろ交換かな~と思われているならば、専門店などでチェックしてもらうのがいちばんですね。
電圧が12V以上あっても、セルモーターが回らないバッテリーはありますので、
電圧はあくまでもある程度の目安で、CCAという値を計測できるテスターやバッテリー液の比重などで判断します。


もしご自身で交換される場合は、購入されるバッテリーにご注意ください。
旧ミニを含めた欧州車はバッテリー端子がDIN規格のもので、国産車などのJIS規格のものより大きくなります。
なので、国産車用のバッテリーを流用する場合は、アダプターを介して取り付けるか、ターミナル端子を交換するなどが必要になります。

交換する時は、マイナス端子を外してからプラス端子を外してバッテリーを交換して、
取り付ける際は、プラス端子から取り付けて、マイナス端子を取り付けます。


休日しか乗らないなどあまり乗る機会が無い場合は、カットオフスイッチを取り付けてもいいと思います。
クルマは使わない時でも暗電流といって、ごくわずかに電気が流れてます。
カーオーディオや時計、キーレスエントリーなどで電気を消費しているので、バッテリー残量は少しずつ低下します。
それを防ぐために、乗らない時はカットオフスイッチで電気が流れないようにしておくと、バッテリー残量の低下も防げます。
ただ、取り付けると、カーオーディオなどの設定が初期設定に戻るというのがデメリットでしょうか。
慣れれば、暖機中に設定し直すくらいできるようになりますが。


極寒の吹雪の朝にエンジンがかからない・・・なんて、想像しただけでも泣きたくなりますね。
そうならないように、気になるようなら早めにチェックを☆






2020/12/19(Sat) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クラシックミニの冬タイヤ交換
タイヤ交換の続きです。
いや、続きじゃないか(笑)

来週から雪の予報が出てますね。
週末に向けて、カーショップやガソリンスタンドは忙しくなりそうですね。

さて、ローバーミニの冬タイヤ交換ですが、
12インチのスタッドレスタイヤに交換するのが多数だと思います。
12インチのスタッドレスタイヤは各メーカーから豊富に出てますし
(でも、最近は13インチ以上がメインですが)
10インチキットを取り付けてインチダウンした車でも12インチホイールタイヤは履けますし、10インチから交換すれば車高も若干上がりますからね。
10インチでもスタッドレスタイヤは存在しますが、新品でもパターンが古いですし、どうしても10インチのスタイルで乗りたいっ!って拘った方限定?な感じでしょうか。


タイヤだけ交換する(ホイールから夏タイヤを外して冬タイヤに入れ替える)というのは一般的ではなく
冬タイヤ用のホイールを用意して、それに冬タイヤを装着して、冬になったらホイールごと交換するのが一般的。
転勤などで今シーズンだけとかいう方は、タイヤのみ入替えでもいいと思います。
タイヤ入替する工賃などと、ホイール購入代金を比較して・・・ということですね。
ホイールはクラシックミニ専用品になります。
12インチだからといっても、国産車用のホイールはPCDが違うので装着不可です。


それから、ホイールナットは各種ホイールで違いがありますので、そのホイールに合ったものを使用してください。
わからなければ、専門店などに問い合わせしましょう。
こちらもボルトがインチサイズのため、国産車のホイールナットなどは装着不可です。
ホイールナットを脱着するレンチやソケットのサイズもいろいろあり
旧ミニの場合、純正だと、11/16インチ(約17.5mm)です。他の社外品ホイールでは、17mmか19mmのレンチ、ソケットで合うことが多いと思います。
ご自身で交換される場合は、ホイールナットのサイズを確かめてください。
ちなみに純正ジャッキを回すレンチは、11/16インチのホイールナットレンチにもなってます。


新品タイヤならいいですが、そうでない場合はタイヤ溝の深さやヒビ割れのチェックもしましょう。
溝の深さは十分にあっても、何年も経過したタイヤは柔軟性が無くなってますから交換をオススメいたします。
保管状況などにもよりますので、一概に何年経過したら・・・とは言えませんが
一応、メーカーでは3年くらいを目安に交換 というのが推奨のようです。


作業にはジャッキアップが必要になりますね。
純正の車載ジャッキで交換可能です。片側の前後が一気に持ち上がるので効率的ですよ。
パンクやバーストなどの非常事態の時の練習にもなりますしね。
油圧ジャッキなどを使用される場合は、前も後もサブフレームにかけるといいと思います。
詳しくはよく知ってる人や専門店に問い合わせた方が無難です。
間違ってもボディ下の四角いプレートが付いたジャッキアップポイントの ような ところにかけたらアカンよ~!
ほんとに、 私はジャッキアップポイントです! みたいなとこにあるので、知らない人はそこにジャlッキをかけてしまい
フロアを凹ませて(室内側から見ると盛り上がって)しまいます。特にフロント部分は要注意です。
そうなると、塗装や防錆剤にヒビが入ってリして錆やすくなったりします。
ガソリンスタンドなど専門店ではない(ミニをよく知らない)お店で交換される時も注意が必要です。
純正ジャッキはこのような心配もないのでいいと思います。


新品のタイヤならどこに装着してもいいですが
2シーズン目以降のタイヤなら溝の深さをチェックして、深いものをフロントに装着しましょう。(ミニなどFF車の場合)


で、タイヤ交換をしてホイールナットを締め付けますが
できればトルクレンチで締めるのがベスト。
規定トルクはスチールホイールは63Nm もしくは6.4kgfm、アルミホイールは50Nmもしくは5.1kgfmというのがローバーの純正整備書の値です。
トルクレンチが無い場合は感覚で締めることになりますが、国産車のようなトルクで締めると、ボルトがポッキリと折れてしまうので注意が必要です。
しばらく走ってから緩んでいないかチェックするのも◎


あとはタイヤの空気圧チェック。
2.0bar もしくは 1.97kgf/cm3 がローバー推奨値。
ま、大きく外れなければ大丈夫かと思います。


冬期間だけ車高を上げるという方もおられると思いますが
車高を上下させると、ホイールアライメントに変化が生じます。
そのまま走行すると、タイヤの片減りなどが起こりますので、車高を変化させた場合はサイドスリップ(トーイン)の調整をお忘れなく。
これは専門店にお任せするのがベストですね。


タイヤの保管は、日光や雨が当たらず、風通しのよいところで保管するのがいいですよ。


たくさん書きましたが、タイヤ交換だけでもいろいろとあるもんですね。
正しく交換して、安全に冬を乗り越えましょ~~☆









2020/12/11(Fri) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クラシックミニの冬タイヤ交換
再来週には雪が降るような予報。。。
もう冬タイヤに交換されましたか?


さてさて
いろんな質問や問い合わせもいただきますが
その内容や回答について、このブログに記載したことも多々あります。
でも、やはり過去に遡ってまでは見ないですよね(^_^;
これは誰が悪いわけでもなく、仕方のないことです。
そして、このブログも思えば長い間やってるんで、情報も古くなってることも多々あります。
ということで、何回か書いたことでも、また繰り返して更新しながら書いていかないとなぁ~と思っています。
新しいお客さんに向けてという意味でも必要ですしね。


冒頭にも書きましたが、冬タイヤ。
雪国では必須アイテムですが、現在、クラシックミニで冬タイヤに交換して乗るという方はどれくらいいるんだろう。。。
当店でも昔はこの時期になるとタイヤ交換で忙しかったですが、現在は数台だけが交換されるほどになりました。
生産終了から20年。車齢が25年、30年というミニも多くなってきて、ヴィンテージカーの仲間入りを始めた感は否めません。
大切にしたいという想いから、冬は乗らないという選択をする人が増えているということですね。
いや、冬に乗る人が大切にしていない ということではないです。
当店のお客さんでも、冬にガンガン乗って、何年かして錆だらけになって、鈑金塗装して修理して、またガンガン乗って、何年かして修理して・・・と乗られている方もおられます。


冬の道路には凍結防止剤(塩カル)が撒かれます。
これの成分がほとんど 塩分 なのですね。
塩は、鉄の腐食を加速させる成分で、自動車にとって、というか、金属でできたものにとっては天敵です。
冬に塩カルが撒かれる、高速道路や国道、幹線道路を走るということは、クルマ(特に旧車)にとって劣悪な環境を走らせているということになります。
最近のクルマは鉄板の防錆技術や塗装の防錆技術も上がってきていますし
そもそも腐食し始めた10年、15年という時には、買い替えや廃車などになるので、旧車でないかぎり、そこまで気にしなくてもいいかもしれませんね。
ま、リセールの価格には反映されると思いますが。。。

旧車の場合は、塗装の劣化などで塗膜の剝がれやヒビ割れなどもしているでしょうし、錆びている部分も多いかと思います。
“錆の種” は、そこかしこに点在していて、そこに塩水をかけて走るようなものですから、腐食は加速して進んでいきます。


じゃ、どうしたらいいんだ?
一番は、雨、雪、特に凍結防止剤が撒かれた道路は走らない ってことになりますね。
いやいや、この1台で生活してるから、そんなん無理 って人は、できるだけ凍結防止剤の撒かれていない道路を走る、もし走った場合は、よく洗う(特に下廻り)。
それから、当店でも施工していますが、防錆剤の吹付、塗布も錆の抑制や遅らせる効果があります。
そして、走るからには腐食するということを覚悟するということも必要です。
それが耐久消費財を使うということです。使ったら消費消耗するのは仕方のないことですね。


自分が走る地域は雪が降らないから大丈夫だ!というのはそうとも限らず、
雪が少し降るけどあまり積もらない地域や、気温が低くなる地域には凍結防止剤が撒かれてます。
この周辺だと、岐阜県、滋賀県中部、京都府中部、兵庫県中部などなど。
こういう地域は、除雪車が少ないぶん、余計に撒かれているケースもあります。ご注意を。


タイヤ交換のこと書くつもりだったけど、別の方向へいってしまいました(汗)
長くなったので、タイヤ交換は次にしまーす。









2020/11/30(Mon) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ツーリングのお知らせ
前回告知させていただいたツーリングですが
明日の天気は問題ないようで 

決行 です!


参加される方は、気を付けて楽しんでくださいっ☆







2020/11/28(Sat) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クラシックミニ&英国車ツーリングのお知らせ
もう来週は師走なんですね。。。
はやっ(>w<)


ちょっと急ですが
ミニオーナーさんが今週末11月29日(日)にツーリングを開催するということで、シェアさせていただきます。

詳細は↓画像にて

202011touring.jpg



ClassicMini&英国車ツーリング詳細









この辺から参加するのであれば、道の駅 追坂峠 くらいで合流でいい感じかな。
SNSで発信されているようですし、かなりのMini&英国車が集まるのではないでしょうか。
天気も今のところ問題ない感じですし、山々の紅葉もいい具合になってるでしょうし、融雪剤がバラ撒かれる前にひとっ走り&交流いかがでしょうか。

雨天時の決行の有無は、土曜日夕方にこちらでお知らせいたします。


Facebook されてる方は コチラ でどうぞ☆






2020/11/26(Thu) | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いつか
アメリカ大統領選挙・・・泥仕合ですねぇ。
バイデンさんが勝ったようですが、トランプさんの逆襲もまだまだあるようですね。
4年前、トランプさんが大統領になった時は、ほんまに?!って感じだったけど
不正や既得権益なんがぶっ飛ばす的に、いろんなことをガンガン推し進めるのは、好感持てましたが
正直にそれをやると、正しいにもかかわらず、いろんなところで反感買うのも当たり前で。。。バランスが難しいとこです。
ま、日本でこんなにアメリカ大統領選に注目が集まるのは、アメリカにかなりの部分を依存してるからでしょうか。
でも、世界の大統領、世界一の権力者的な側面もあるしなぁ。。。
ひっくり返るようなことはないと思いますが・・・どうなるんだろ。




さてさて
先日、クラシックミニをオーダーメイドで作って欲しいという方がご来店されました。
話をさせていただいてると、二十数年前に一度ご来店されたことがあるとか。
私にはその記憶がなかったのですが(汗)、その時もミニが気になってて来られたようで、
でも、その時はいろいろと事情があって、Miniオーナーにはなれなかったと。

で、二十数年かかって、お願いしに来ました!と。


いつか。。。

いつか なんてやって来ないよ。と、時々話をすることがある。
自分自身がそうだから。
いつかやろう、いつか行こう、いつかのために。。。
そう思ってたらどんどん時間が過ぎていくので、できるだけ計画するようにしている。
それでもできないことが多々あるので、いつか・・なんてぼんやり曖昧に考えてたら、いつまでもできないでしょ、と。


でも。。。
まさに、これは いつか ですよね。二十数年後ですから。
いつか って、あるんだなと。。。
いや、いつか ではなくて、二十数年前から綿密に計画されてたのならスゴイですけど(笑)



で、申し訳ないですけど、オーダーメイドは数年待ってもらわないといけませんが・・・と伝えると
二十数年待ったんで、それぐらいスグですよ!と。
ご依頼いただけたことと共に感謝です☆


先日も、15年ほど寝かせたミニをリフレッシュさせていただきましたし、
いつか・・・を、しっかりと実現させる人もいるんだなと(^_^;

その情熱を持ち続けられる人もスゴイけど
そういう気持ちにさせるMiniもスゴイな。



いつか って、きっと、素晴らしい経験のこと をいうんじゃないかと。

みなさんの いつか は、なんでしょ~か?
それは叶いそうですか? 叶えますか?






2020/11/13(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ