FC2ブログ
モーリス ミニ トラベラー 販売中☆
春を感じさせる日曜日でした。
もう花粉も飛んでるんでしょうねぇ。
今シーズンは予報どおり暖冬でした。
スタッドレスタイヤに交換してない人もいるのでは?
雪かきのスコップさえ出してきてないですから、雪かきによる体力の消耗もなく、そのぶん仕事が捗った・・・かどうかは不明です(笑)



さてさて
販売車輌の紹介です。

モーリス ミニ トラベラー MK-Ⅱ ’69年式

mmt1.jpg



スノーベリーホワイト







mmt2.jpg



木枠も腐りなどなく綺麗です







mmt4.jpg



エンジンルーム
998ccエンジン






mmt3.jpg



内装もキレイ!






mmt8.jpg


荷室も問題ナシ!






と、ご覧のとおり、グッドコンディションです。

クラシックミニをあまり知らない方に、かんたんにご説明させていただくと・・・

1959年から作り始められたミニ。
翌、1960年から、エステートモデルの、
オースチンカントリーマンとモーリスミニトラベラー が販売されました。
その昔、エステートモデルはサルーンのシャーシにウッドの荷室をつけたものだったんですね。
多分、馬車の名残もあったんだと思います。
ミニよりも前に作られていた、モーリスマイナートラベラーなども木枠が付いたモデルとして有名ですね。

640px-Traveller_(4196830669).jpg


モ-リスマイナートラベラー
こちらはほんとうに木のフレームです





その伝統というか・・・それで装飾的にウッドのトリムが付けられているんです。
ミニのカントリーマンとトラベラーは、装飾なので、木枠を取り外しても、ボディに小さなボルト穴が開いているだけです。
よって、木枠の無いスチールボディと言われるモデルもあります。

ミニをよく知らない人が、木枠が付いたカントリーマンやトラベラーを見ると
!?クルマに木が付いてるんですか!?
と、驚きます(^_^;

1967年まで生産されたMKー1モデルは、1667年秋にMK-Ⅱモデルになります。
で、1969年10月に生産終了。以降、エステートモデルは、クラブマンエステートになりました。
MK-Ⅱモデルは実質2年ほどしか生産されておらず、MK-1モデルよりもかなり少ない希少モデルです。

MK-1からMK-Ⅱへの変更点はいろいろありますが
角ばったフロントグリル、内装は柄無しの単色などで
大きく違うのは 848ccから998ccになったエンジンと
ダイレクトチェンジというシフト機構が、リモートコントロールチェンジ というシフト機構になったことにより
操縦性、操作性、走破性能などが向上しました。


今年で50歳のこちらのモーリスミニトラベラーMK-Ⅱ

気になる方は、どうぞお問い合わせ&見に来てくださいっ。










BMC BLMC ヴィンテージ、ビンテージミニのことなら ブルーウイング
2019/02/24(Sun) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミニのウッドパネルの補修
2月も半ばに差し掛かり。。。
平成も残すとこ2ヶ月半。
今年って、天皇誕生日が無いとゆーことに、さっき気づいた(^.^;


さてさて
少し前に、ウッドパネルの補修の記事書いて・・・
完成したらアップするといいつつ・・・
かなーり忘れておりました(汗)

はい、出来上がって、装着してしまってます。。。

oewpanel1.jpg



運転席側から





オールドイングリッシュホワイトにてペイント
半ツヤにて仕上げました。

ん?ポールスミス仕様と同じような・・・。
あ、決してポールスミスの中古パネルと差し替えたわけではございません(笑)
ってか、それ入手する方が難しいな。


oewpanel2.jpg



助手席側から





あれだけひび割れて、変色してたことを思えば
見違えるようになりました。
そして、木目からのイメチェン効果もかなりありますね。
運転していて、いちばん目にする部分ですから、気分一新は間違いありません☆

これに合わせて内装も・・・と、夢は広がりますね。








ミニのウッドパネル補修は ブルーウイング
2019/02/12(Tue) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミニの暖機運転
今日は立春。
少しずつ春めいてくる季節。
暖冬で、この辺の梅の花も咲き始めてるとか。
今年は桜も早く開花しそうですねぇ。


立春といえども、まだまだ寒く、これから雪が降ることもあるかと。
冬場は暖機運転に少し時間がかかって、もどかしかったりすることもしばしば。
でも、必要です。暖機運転は。

金属は熱を帯びると膨張します。(金属だけではないですが)
それを計算して、エンジンやミッションなどは設計されています。
ということは、熱を帯びた状態で、いちばんいい性能が発揮できるようになってるってこと。
それだけでなく、エンジンオイルなんかも適温で性能を発揮するように製造されてます。

暖機しないで乗るのと、暖機した後に乗るのとでは、違いは明らかにわかりますよね。
エンジンの回転が重いとか、スムーズでないとか、トルク感が無いとか、音が大きいとか、ミッションが入りづらいとか
当然だけど、ヒーター効かないとか。

よく例えられるのは、スポーツで準備運動無しで走り出すようなものだ・・・ということ。
老体であれば、さらに入念に準備運動やストレッチは必要になることでしょう。

インジェクション車の場合は、気にしなければフツーに走れてしまうのですが
それはコンピューターがエンジン冷えてることを検知して、ガソリン噴射量を増量したり、点火のタイミングを変えたり、スロットルを調整しているから走れてしまうのです。
ちょっと無理して走らせている感じですね。

じゃ、暖機運転しなかったらどうやねん?ってことですが
まぁ、走れるし、すぐに大きな問題になることもないので、どうってこともないかもしれません。
ただ、長い目で見るなら、エンジンやミッションに良いことは無いです。

いちばん良くないのは、暖機運転せずに走り出し、数キロ、5分や10分走って暖まったか暖まってないかくらいで止める・・・を繰り返すことでしょうか。
ガソリンの噴射量が多いまま走り出してエンジン回転を上げるので、燃費は悪いし、カーボンやスラッジというような燃えカスがエンジン内に蓄積していき、それらがまたいろいろと悪さをするのです。

最近のクルマは暖機運転は必要ないという人もいるけど・・・
たしかに加工技術、製造技術の向上で、精度良く製造されているのは確かなこと。
エンジンの制御システムなどの高度化などによって、なにも感じずに乗れてしまうこともあります。
でもエンジンが金属でできている以上は、膨張、収縮はするわけで。
最近は水温計無いクルマも多いですが、冷えてる時はブルーのランプが点灯してたりしますよね。
暖機運転必要なければ、そんなランプもいらんわけで。
まぁ、5年くらいで買い替えるなら、あまり考える必要も無いことなのかもしれませんし、
EV車なら暖機運転しようにもできません(笑)


で、暖機運転はどれくらいするんだ?ってことですが
エンジン的には水温計が真ん中近くくらいまで上がるのがベストかもしれませんが、
燃費とか、環境とか、ご近所さんとかのことも考えると、
水温計がブルーのラインから出るくらい(1/4くらい)上がれば、回転を抑えつつ走り出せばいいのではないかと思います。
気温にもよるけど、3~5分くらいでしょうか。

Miniや英国車専門店や旧車専門店で車輌購入した方なら、
暖機運転の必要性は納車の時に説明されてご理解されてる方がほとんどですが、
個人売買や一般の中古車販売店などで購入された場合は、知らない方もおられるかもしれません。

知らなかった方は・・・

暖機運転した方がええよ~☆









Miniのメンテナンスは  ブルーウイング
2019/02/04(Mon) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る