FC2ブログ
ガソリン車がなくなる?!
もう1月終わるんかぁ~~。

昨今の自働車業界での大きなニュースは
2030年代半ばにガソリン車販売禁止 の報道でしょうか。
長くなるので、興味ない方はスルーで(^_^;

この問題は、いろんなことが絡んでいて、とても難しい。。。
いろんな人と話をしたりして、心配してる人とか、報道に流されてるなと思う方もおられるので、ちょっとまとめてみよかなと。

環境問題の専門家でもなんでもないので、間違ってる部分もあるだろうし、そうかもね~くらいで読んでもらって、あとは読んだ人がそれぞれ考えてくれれば・・・と思います。
個人的なスタンスとしては、環境問題は大切だけど、もっと全体的にみて、いろーんなこと考えなあかんのとちゃう?とにかくEV化だー!EV最高!EVやればOK!じゃないんとちゃうやろか?
安心していただきたいのは、10年後、15年後に現存のクルマが買えなくなるとか、ミニや旧車に乗れなくなるということでは無いということは知っておいてくださいっ。


報道発表は、2030年代半ばに、純粋なガソリン、ディーゼルの乗用車(軽自動車含む)の新車販売を禁止。
新車の販売を、EVやハイブレッドのみにするってことですね。
世界的な流れで数年前から規定され始めてたので、
先進国である日本もそのうちに発表があるだろうなと思ってましたが、
2030年代半ばとは、かなり急いでる印象。
ってか、なぜにコロナ禍の今?と思うことも。
東京都知事さんは、さらに早い2030年に!と言い出してますが、
後先考えない、政府より先を走りたいという単なるパフォーマンス発言?人気取り発言?のような。。。


この報道があってから数日後に、自動車工業会の豊田章男会長(トヨタの社長)が会見を開いてましたが
すごく真っ当な会見だった印象です。

自工会 豊田会長が全面EV移行に懸念


チャレンジはするが技術的ブレイクスルーが無いと難しいとして
・日本の自動車業界として、CO2排出で既にかなりの努力と実績を出している
・日本のEV化は遅れていると言われているが、決してそんなことはない
・日本のエネルギー政策の転換が必要(日本の発電はCO2を排出する火力が約8割、フランスは火力約1割)
・上記を考えると、発電でCO2を排出する日本ではクルマが作れない
・仮に乗用車を全てEV化したら、電力需要がひっ迫し、原発であと10基、火力で20基分の発電が必要
・充電のインフラに14~37兆円必要
・戸建ての充電設備で、10~20万円、集合住宅で50~150万円、急速充電器だと平均600万円かかる
・電池の供給が現在の30倍必要
・EV車の新車検査では、家庭1軒の1週間分の電力を使い充放電のテストをする
・年間50万台を生産する工場では、1日に家庭5000軒分の電力が検査だけで使われる
・そういうことをわかって、政治家があえてガソリン車を無くそうと言っているのか?
・コロナ禍で就業者数が日本全体では93万人減っているが、自働車業界は11万人増やしている
・仮にカーボンニュートラルで日本で作ってるクルマはCO2の排出が多いため作れなくなると自働車業界崩壊(日本の基幹産業崩壊)
・これが日本のために、ほんとうにいいことなのか?


会見をまとめると、概ね上記の感じかと。 
ちょ~簡単に言えば、日本でEV化してもCO2削減にはならんし、大打撃受けるだけやで。と。 正論!
個人的には、動画11:30あたりからマスコミ報道に苦言を呈するところが印象的だったな。
昨今のコロナ報道もそうだけど、いかに正しい報道がされずに偏向、誘導、扇動の報道がされているか、豊田社長も危惧していることがわかりますね。


さて、豊田会長の会見だけでもいいような感じですが、まだまだ(笑)


・そもそも、世界のCO2総排出量で、日本が排出してるのは3.4%。 さらにその中の乗用車が出す量は9%
ということは、日本の乗用車が出すCO2は世界の総排出量の0.3%くらい?
たった0.3%のために、基幹産業とその周辺産業を奪い、失業者増やし、国民を苦しめる?
そんな0.3%くらい、隣大国で工場がちょっと増えれば吹き飛ぶくらいなんじゃ。。。


・化石燃料を燃やしてお湯を沸かしてタービン回して電気にして、さらに送電網で電力がロス。
それを充電して、また動力に変換して・・・エネルギーの変換を考えると、最初の燃焼の30%くらいしかクルマの動力エネルギーとして使用できないらしい。要するに70%ほどがロス。
かわって、今時の新しいクルマの効率的なエンジンなら、直接燃焼させて動力に変換すると、約50%を動力エネルギーとして取り出せるらしい。
ということは、火力発電レベルの燃費を達成しているガソリン車ならOKってことでええんとちゃう?
ってか、日本の発電構成では、EV化するとかえってCO2増えるということ。


・ガソリンや軽油はどうやって生産されているのか。。。
原油を精製、蒸留して作られますが、その過程で、重油、軽油、灯油、ガソリン、ナフサ、LPガスなどができてくる。
じゃ、ガソリン車、ディーゼル車廃止すると、どうしたってガソリンや軽油が余るけど、どうするんだろ。
地中に戻す? どのみちどっかで燃やされるんじゃない?
重油も作らない?なら火力発電は? 船はどうやって動かす?
灯油も作らない?なら飛行機は?暖房は?
アスファルトはなくす?道路できませんけど。。。


・量産効果でバッテリーは安くなり、EV車も安くなると言われるけど、30倍ものバッテリーが必要になれば、世界中で取り合いになり
需給のバランス崩れて高騰。。。
スマホ、タブレット、ノートPC、電動工具などなど充電池使用されてるもの全て値上げ。
そもそも、全世界EV車化してそれだけのリチウムや他のレアメタルが採掘&生産可能?
そのバッテリーの廃棄はどうすんだろ。


・今シーズンは雪で高速道路や国道などで何十時間という立ち往生が発生しましたね。
あれがEV車なら・・・コワっ。
燃料は配れるけど、電気は配れない。。。
(配れなくはないけど、電源車がどれだけいるんだ。。。)
大惨事になってからでは・・・命は返ってこない。
国土の半分くらいで雪が降り積もる日本では、他の国や地域と同じにはいかないと思うけど。
もっとシミュレーションしてから政策決定するべきじゃ?


・月極駐車場とかは充電どうする?


・この冬は節電要請が出る寸前だった(出てた?)のに、どうやってEV車充電するんだろう。


・やっぱ原発だなってなるのか。
地震大国ではリスクあるし、核のゴミ問題はどうにもならないし。。。
世界中で原発乱立してるけど、そのうちいろんな問題出てくるような。。。


・中国や欧州が、ガソリン車やハイブリッドの技術や低燃費では日本メーカーに太刀打ち出来ないので、EVを持ち出し日本潰しの罠をかけてきたのに乗っかった?
オリンピックなどのスポーツ界でもあったなぁ~。
日本が強すぎるからルール変更とか。


・EV化だけを進めるんじゃなくて、現時点でCO2排出少なくエネルギー効率がよくて、充電設備や発電所、新たなインフラもいらないハイブリッド車を世界標準として外交努力することが日本のためなんじゃ?
もしくは、国内は本当のエコを追求、議論して、もうちょっと緩やかに規制していって、他の国でクルマ売るなら、その国の規制に各メーカーで対応、努力してね。ではダメなの?(効率悪いのはわかるけど)


・世界の動向に乗り遅れるからやる?
エコや環境を謳えば反対する人もあまりいなく、利権が絡む政策や法律もガンガン通るしね~。
政府や首相にEV化を進言した経産省の参与は、テスラの社外取締役だったとか。
日本のEV化報道と合わせて、テスラの株価暴騰。。。
見せかけのエコ の裏に エゴ。。。


・環境問題って、他にもいろいろあるのに、炭素、カーボン、炭素、カーボン、炭素・・・・・・。
バランス悪すぎぃ。


・あと、10年、15年も経てば、CO2を直接回収、再利用するシステムや技術(すでにある)も、かなり普及しているハズ。
国民を苦しめるような政策より、こっちに予算ぶっ込んで技術開発を早めて一大産業にして、日本が世界をリードするくらいが幸せになれるような気がするけど。。。


少なくとも、以前にあった、古いクルマをスクラップにすると補助金もらえる・・・とかは止めて欲しい。
旧車がどんどんスクラップにされていくのは悲し過ぎるし、エコでもなんでもない。

まだ書くことありそうな気がするけど、長くなり過ぎたのでこのへんで。
世ノ中、矛盾ダラケダー!不条理ダラケダー!
知らんけどw









2021/01/31(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミニのガソリンタンク錆処理
アメリカ大統領にバイデンさんが就任しましたね。
就任式の様子をちょっと見ようと、演説を動画サイトで見ましたが
私が見たものでは、BAD評価が、いいね評価の2~3倍。。。(笑) 
で、トランプさんの退任の演説見てみると、いいね評価が圧倒的。。。
マスコミとは真逆の評価だな。
事実は小説よりも奇なり。。。?



さて、リフレッシュ中の ERA Mini Turbo のガソリンタンクを再生。

ガソリンタンクの中が錆びるというのは、不動の時間が長いことに比例します。
日常的に使用されていると、ガソリンが常に入っており、走行中にかき混ぜられ、タンク内壁は常にガソリンが触れていることになります。
よって、タンク内壁に水分が付着する隙を与えないため、錆の発生も抑えられます。
乗らない時間が長いクルマは、ガソリンが入っている部分は大丈夫ですが、それより上の部分は空気中の水分が付着して錆びていきます。

リフレッシュ中の ERA Mini Turbo も、30年経過車ですが、走行距離がものすごく短い = 乗っていない時間が長かった ということですね。
例にもれず、タンク内は錆ており、タンク外側も少し錆が出ておりました。



petank1.jpg


ガソリン注入口
処理前






petank2.jpg


タンク外側
ERAのタンクは通常モデルと違い
アウトレット径が太かったり、リターンパイプもあります。




クラシックミニのサルーンのタンクはトランク内にあるので、錆て酷い状態になることは少ないですが
これくらいの錆が出てることはよくあります。
ミニでもナガモノのタンクや、他の一般的な車輛はボディ底でむき出のパターンが多く、水分や泥、融雪剤にさらされますので、錆て酷い状態になることがよくあります。
よって、最近の車輛は樹脂タンクが増えてますね。
ま、10年くらいで買い替えるなら気にしなくてもいいけどね。


petank3.jpg


全てのパイプや穴を塞ぎ
錆処理剤注入




温度が高い方が反応良くなるので、お湯を混ぜて入れてます。
注入後も底部をヒートガンなどで温めて温度を維持します。
底部を温めることにより、温まった処理剤は上昇してタンク内に対流が起こり、自動的にやんわりと攪拌されます。
どーでもいいですが、熱対流を考えると、家のエアコンの風向は、冬は下向き、夏は上向きが鉄則!(笑)


petank4.jpg


処理後のタンク内





半日ほど放置後、処理剤を抜きます。
キレイになりました♪
処理後にコーティングする処理剤もありますが、ミニのキャブ車のタンク内には簡易的なフィルターが付いてるので
コーティングすると、そのフィルターが目詰まりする可能性もあるので
コーティングがいらない処理剤を使っています。


petank5.jpg



外装も塗装剥離






部分的な錆ならその部分だけ錆取りすればいいけど
今回は錆が全体的に点在してるので、塗装を剝がしてしまいます。


petank6.jpg



塗装下の点在する錆







petank7.jpg




点在する錆をスポットブラストで退治





ブラストという砂のようなものを高圧で吹き付ける道具があり
それで表面の点在する錆を除去していきます。


petank8.jpg



錆止め塗装







petank9.jpg



ペイントして再生完了






petank10.jpg



ガソリン注入口もキレイになりました☆






もし、長期的に乗らないのであれば、ガソリンは満タンにしておき
尚且つ、錆の発生を抑制する添加剤などを入れておくと、タンク内の錆はある程度抑えられると思います。
ご参考までに。






2021/01/18(Mon) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ERA turbo Mini リフレッシュ
さむっ。
朝はバシバシに凍結してましたね。
敦賀の積雪はうっすら積もるくらいですが、福井県でも領北(北部)ではかなり積もったようで・・・交通機関もマヒしてる感じです。
みなさん、運転はお気をつけて!
というか、積雪多い地域では、外出しないのが吉ですね。


さて、リフレッシュ作業中のERA ターボ ミニ の途中経過でっす。

era211a.jpg


外装分解中






era211c.jpg



クリア剥げ






era211d.jpg



サイドマーカー開口部
定番のミミズ錆







era211e.jpg


フロントナンバー取付部の下
スポイラーよりも一段と低い部分ゆえに、接触割れ及び補修跡
日本のナンバープレートが縦長なのが根本的な原因(笑)




era211b.jpg


スポイラーブラケットをどこかに引っ掛けたのか。。。
ブラケットが曲がり、スポイラーも損傷





era211f.jpg



スポイラー取付部(通常モデルはバンパー取付部)にも錆






rea211g.jpg



マフラーも錆がありますが、
マフラーは熱が入ったり、排気の水分が中に残りますから錆びやすいのは仕方ないですね。




この他にも、錆びている個所や、スポイラーのクラックなどはかなり存在しており、
車輛状態は良好ですが、30年という月日はいろんなところにダメージを残してます。
しかし、逆に言えば、30年前の車輛がこの程度のダメージ というのが、状態の良さを表してますね。


また作業過程アップしまーす。




2021/01/09(Sat) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あけましておめでとうございます。
みなさま
あけましておめでとうございます。
昨年はお世話になりありがとうございました。


今日から仕事してる人が多いと思いますが、どんな年末年始でしたでしょ~か。
いつもとは違う年末年始だった人も多かったでしょうね。
また緊急事態宣言とか?無限ループのような。。。



冬来たりなば春遠からじ

辛い厳しい時期を耐え抜けば必ずいい時期がくる ってことですが
これ、少し前まで日本のことわざだと思ってました(汗)

ほんとは、イギリスの詩人 シェリーって人の詩

If Winter comes, can Spring be far behind ?

なんだそうな。
その時は、へぇ~って思ったと同時に なんで疑問文なん?って思った。
直訳では
冬が来るなら、春がはるかに遠いことがありえようか?
となるようです。
なるほどね。
ことわざ風?に訳した人がウマイね☆



さて、今年7月に BlueWing は、開業25周年を迎えます☆
四半世紀?
早過ぎぃ。。。だけど
みなさまに感謝!

一応、そんな記念の年。

良い年になってほしいと思います。
いや、きっといい年になるよ。去年よりは。
ウダウダ言ってても仕方ないので、ちょっとずつ前に進みましょ☆


今年もよろしくお願いいたします<(__)>



PS. 
休暇中に通信販売でご注文いただいた方々は、順番にご連絡、発送などさせていただいております。
ご理解、ご了承お願いいたします。




2021/01/04(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る