FC2ブログ
Moulton
昨年の暮れにアレックスモールトンさんが天に召されたのはご存知の方も多いかと思います。
Miniが偉大で長い歴史のあるクルマだからこそ、こういう知らせが届くのは致し方ないです。
そして
Miniが偉大で長い歴史のあるクルマだからこそ、それに大きく携わった方々は常々どこかで語られ、思い出される。



モノを生み出したり作ったりするのって素晴らしいですね。
その人がいなくなっても、生み出されたもの、作り出されたものは残り、またそれを使う人が作った人を思い出す。
人は二度死ぬといいます。
1回目はその人が死んだ時、もう1回がその人を思い出す人がいなくなった時 だそうです。
そう思うと、Miniに大きく携わった方々は、まだまだ生き続けそうですね。。。



そのモールトンさんは、Miniの設計者であるイシゴニスさんの友人で、Miniのサスペンションスプリングのラバーコーンを開発した博士。
もうひとつの顔は、アレックスモールトンという自転車を生み出した博士。
昨今は自転車の方が有名かもしれないですね。


で、私自身のモールトンのレストア&カスタム。
ここで何回か紹介しておりますが、もはや 何年かかってんねん 状態。
ほんまに、いつこのモールトンを入手したかも思い出せないし、お客さんにも いつんなったらできるんですかぁ? なんてよく聞かれたりも(汗)
モールトンさんがご存命の間に仕上げたかった(←仕上げたからってなんの関係もないんですが。。。)




しかーし☆




13moulton.jpg




先が見えてきました!
(まだかいっヾ(・・;)ォィォィ)







いや、この春には絶対仕上げるぅ~~~!
(もう初夏ですね)

あとはチェーン張って、変速の調整して、各部点検増し締めすれば・・・通勤快速の出来上がり!かな。

只今の悩みは、バーテープの色。
レッド?ブルー?ブラック?ホワイト?レザー?
考えれば考えるほどわからん。。。
あぁ幸せな悩み。。。




モールトン博士!あなたが生み出した自転車、1台復活しますよー!

Miniやモールトンがある限り、モールトン博士は人々の心で生き続けるでしょう。


遅ればせながら
モールトン博士のご冥福をお祈りいたします。



2013/04/18(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluewinguk.blog88.fc2.com/tb.php/1079-8c42745c
前のページ ホームに戻る  次のページ