FC2ブログ
SMITHS
1月最後の週末、いかがお過ごしでしょうか。



smithssw.jpg



OHから返ってきました。







SMITHS(スミス)といえば
旧いMiniや英国車、バイクのメーターに使われていて有名ですが
時計も作っていました。(いや、メーターも作ってたんか)
70年代の日本製クォーツ時計が世界を席巻するようになり
スミスも窮地に追いやられていくんですね。
これは時計だけでなく、クルマやバイクなどの工業製品を思い起こせばすべてそうですよね。
日本のメーカーがどんどん成長して、それに勝てない諸外国のメーカーは淘汰されていく。。。

日本人は真似をして改良を重ね、さらに素晴らしい製品を生み出していく。
だから昔の国産車やバイクなんかはイギリスや諸外国のものに造りがそっくりだったりする。

でも、Miniは日本人に受け入れられて生き長らえる。。。
後期は日本のために作ってたといってもいいくらいですから。
なんだか皮肉な運命ですよね。


話は飛んでしまいましたが、
機械式の時計はクルマと同じでOH(オーバーホール)=分解清掃が必要になります。
使い続ければ油は切れてきて、所々が磨耗してきて、ゆくゆくは動かなくなるか壊れてしまいます。
そうなる前にOHすることが必要になります。
高級時計だとOH費用は数万円~十数万円。。。
ま、機械を使い続けるのにはコストがかかるってことです。


で、OHをお願いしていたものが一気に返ってきたって話です。
気になる方はHPのWATCHのページへどーぞ☆






スミスの時計販売 ブルーウイング
2014/01/26(Sun) | 商品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluewinguk.blog88.fc2.com/tb.php/1194-2f083505
前のページ ホームに戻る  次のページ