FC2ブログ
ミニの窓ガラスは曇りやすい?
今日は久しぶりにいい天気です。
大掃除日和ですね。



さて、表題の ミニの窓ガラスは曇りやすい? の件ですが
毎年お悩みの方も多いようで。。。
昨年も記事にしておりますので、そちらも参考にしていただくとして、ちょっと追記したいと思います。

昨年の記事→Miniのガラスは曇る?


曇りやすいか?と聞かれれば、ハイということなんですが(汗)
室内容量が小さいというのは、みなさんも知っていることですね。
例えば、頭髪、衣服、靴、傘などにコップ1杯分の水分をつけて車内に持ち込むとすると、ミニと大きなワゴン車では、室内の湿度にかなりの違いが出ます。
空気の量が違いますから、小さい空間で同じ水分量なら、湿度も高くなるのはおわかりいただけるかと。
そういうことで曇りやすいということは言えますね。室内の湿度がガラスの曇りに直結しますから。
濡れた物を室内に持ち込まないのがひとつの対策となります。

それから、ヒーターのデフロスターがちゃんと出ているかも確認したいところです。
デフロスターのダクトホースが折れ曲がってたり、外れていたりする場合もあります。

ヒーターの効きも影響しますね。
水温がちゃんと上がらなければ、ヒーター(デフロスター)の温度も低くなり、曇りを乾かす能力も低くなります。
水温は通常85~90℃前後で、純正のメーターだと暖機完了すれば真ん中の線よりちょっと下くらいを指します。
これより低いようですと、サーモスタットの異常などが考えられます。(この場合は燃費なども悪くなります)
もちろん冷却水がきちんと入っていることと、ヒーターバルブがちゃんと開いていることも確認が必要です。
ヒーターの効きが悪いという方は、点検をオススメいたします。


屋根付きのガレージに駐車しているのであれば、ドアガラスを両側少し開けておくものいいと思います。
こんな天気のいい日は、ドアやトランクを全開にして風を通し、フロアマットも干してあげるといいですね。

その時に、フロアマットやその下のカーペットが異常に濡れているなら、雨漏りを疑った方がいいと思います。
修理は漏れている箇所を特定しなければならないので、数日間のお預かりとなる場合がほとんどです。


冬に雨や雪が少なく湿度が低い太平洋側では、ガラスが曇るという悩みはあまり聞きませんね。
太平洋側では冬に加湿器が売れますが、日本海側は除湿機が売れますからね。
ただ、女性にとっては、冬は日本海側の方がお肌の調子がよろしいようで(笑)







クラシックミニの修理なら   ブルーウイング
2014/12/27(Sat) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluewinguk.blog88.fc2.com/tb.php/1310-c34c6bd8
前のページ ホームに戻る  次のページ