Miniの再生
今日は いい肉 の日らしい。
肉!食べてますかぁーーー!?



さて
再生中のミニ、ERAturbo。
リフレッシュというよりも、ほんとに 再生 という言葉がぴったりな感じです。
錆や腐りとの格闘。


era161129.jpg



フロントガラス下のコーナー





ここはよく錆びるところ。
袋状になってて、タイヤが巻き上げた水や泥などが袋の中に入り、錆びていきます。
袋状の中に、水や泥が入らなければいいのですが、ロボットじゃなくて人間が作ってたミニは、溶接箇所やシーラーの塗布具合も製作する人のご機嫌次第?(笑)
アタリとハズレがあるとも言える。







横向いて溶接してるもんな(笑)
現代のクルマはロボットが寸分狂わず溶接して組み立ててます。




repanel.jpg



錆びやすいとこは
ちゃんと補修パネルが存在する






こんなパーツがあるって、ミニって恵まれてるわぁ~。
ん?錆びるのわかってたなら対応して組み立ててくれてもええと思うんだが。。。(^_^;
日本のように カイゼン は、されなかったようです。
いや、カイゼン されてたら、そもそもミニは作り続けられなかっただろうな。
痛し痒し。。。



era1611292.jpg



補修パネルと切り継いで交換するためにカット





中の錆取り中。

補修パネルがあるだけ幸せだ・・・と思いつつ。
無かったら、イチから叩き出すか、ドナーから切り取るか。。。
再生させて乗りたいと思われるミニも幸せだな。


続きはまた。








クラシックミニの再生は  ブルーウイング
2016/11/29(Tue) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

うーむ。
いつも感動しつつ拝見しております。
自分で運転出来るうちにもっかいMINIオーナーになりたい!
91年式までのキャブ車がいいなー
なんて夢のまた夢か・・・
by: M井 * 2016/12/01 00:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

M井さま
お久しぶりです。
そうですね・・・あっという間に時間は過ぎ去っていくばかりで。。。自分で運転できるうちに・・・とか、これをずっと乗りたいとおっしゃる方が増えてきたように思います。

やりたいことは多々あれど、優先順位もあったりでなかなか思うようにはいかないですね。
キャブ車在庫ございます(笑)
by: BW * 2016/12/01 11:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluewinguk.blog88.fc2.com/tb.php/1506-fc40883f
前のページ ホームに戻る  次のページ