クラシックミニのオーダーメイド
ブログ更新が滞っておりまして、申し訳ないです。。。




桐生選手が100mで日本人初の9秒台!
しかも、福井の競技場での快挙。
世紀の一瞬を生で見れた人は興奮したでしょうねぇ~。
たった百分の数秒だけど、その分厚い壁を破るのには相当の努力と、いろんな方向からのアプローチなどや協力があるんでしょう。
もちろん体調や気分とか天候、気温、湿度、風向きとか競技場のトラックの状態や雰囲気とか・・・いろんな条件もあって・・・ほんとにむちゃくちゃ微妙なものの関連が、いい具合にからみあって出た記録なんだろなぁ~。
スバラシイ!さらなる記録更新に期待☆



さてさて
ミニのオーダーメイド(特別製作)。
シートや内張りを張替える際、張り替える生地もいろんなご要望やご希望をお聞きします。
お客様の中には、当店のサンプルだけでは満足できずに、生地を直接買ってくる方や、生地メーカーのショールームに足を運んで選ぶ方などもおられます。
現在ご依頼作業中のものは、ブラックビニールレザーでの張替え。
定番中の定番。永遠のスタンダードですね。
しかし、ブラックのビニールレザーでも、シワの多い少ない、シワの深い浅い、色合い、ツヤ感などの違いで何種類もあります。
逆に言えば、永遠のスタンダードだから、何種類もの生地があるんですね。
これが例えば・・・クロコダイル柄とかいう希望だとすると、もはやカラーの選択肢しかなくなってきます。
で、この微妙な違いでも、張り替えられてミニに取り付けられた時には、内装の雰囲気がかなり変わってきます。



b-leather.jpg




並べて比べると、違いがよくわかりますね。





市場にはまだまだいろんな種類があると思いますが、ビニールレザーならなんでもよいわけではなく、シートとしての使用に耐えられるものでなければなりません。
過去にもお客様のご希望される生地で・・・ということでしたが、シートの使用には向かないものでNGだったってこともありました。


あとは、ステッチやパイピングのパターンも選択していただくことになります。
これはヴィンテージのミニに倣うことが多いですが、違う車種の写真などを持ってこられて、こんな感じで・・・ということもあります。
シートのフレーム形状が違いますから、全く同じにはならないけど、ミニのシートに合わせてデフォルメしていくように製作します。


一方で、おまかせ!のパターンも何度か経験してます。
ええ感じになるようにしてくれたらいいですよ ということですね(笑)
プレッシャーではありますが、まかせれば間違いないと思ってくれてるということですから、嬉しくもあります。
そんな場合でも、こんな感じでどうですか?と、提案して、ご了承いただいてから製作します。


どちらにせよ、世界に1台の自分仕様のミニを造れるのですから、
別次元の愛着が湧くことは、間違いないですね。








ローバーミニ クラシックミニのオーダーメード 特注  ブルーウイング
2017/09/10(Sun) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluewinguk.blog88.fc2.com/tb.php/1560-4c58687c
前のページ ホームに戻る  次のページ