FC2ブログ
エンジンフラッシング
サッカーW杯ロシア大会・・・日本代表がコロンビアに勝利!
すごいですねー。
勝った日本代表はもちろんすごいですが、
マスコミや解説者やネット上のコメントなどの手のひら返しがすごすぎておもろすぎぃ(笑)
他のスポーツではあまりない現象のような気がする。
オリンピックで出場はするけどメダルは獲れないだろうと思われる選手に対してでも、批判などはあまり聞かないような。
出場することに意義がある!ガンバレ~!!みたいな応援が多いんじゃないかと。
なにが違うんだろなぁ~。
個人ではなく、国と国の代表の戦いだからか。。。
とにかく、グループリーグ突破して欲しいですね~。
じゃないと、また手のひら返しが・・・。




さてさて
オイル交換ネタを続けて。。。
今回はエンジンのフラッシングです。
エンジン内の洗浄剤ですね。
洗浄剤は燃料系(燃焼系)のものと、エンジンオイル系があり
フラッシングはエンジンオイルが回っているところを洗浄するものです。

etf.jpg


BARDAL
エンジンチューンナップ &
フラッシング




当店で扱っているフラッシング剤。
バーダルは70年以上の歴史を持つ添加剤メーカー。
フラッシング剤は、エンジン内部を攻撃してしまうんじゃないの?という不安を持ってる方もいるかもしれませんが
こちらのフラッシング剤は、洗浄成分だけでなく、潤滑成分も入っており、短期間、短距離(300kmくらい)であれば、走行しても問題ないくらい安全に作られてます。
逆に、汚れの酷いエンジンには、少し走行してじっくりと汚れを落とすという使い方もできるものです。
(通常のフラッシング剤は走行不可)

エンジンオイルを交換すれば十分じゃないの?と思う方もいると思いますが
定期的にきちんと交換してても、ワニスやスラッジなどの汚れはどうしても溜まってしまいます。
ミニの場合は20年、30年・・・と、何人にも乗り継がれ、どういう管理をされてたかわかりませんよね。
コッテリと汚れが蓄積したエンジンで走行してるミニもかなりあると思います。

例えていえば・・・
お風呂のお湯を抜いて、湯船を洗わずに新しいお湯を入れる。。。
ま、そこそこきれいなお湯にはなりますが、洗ってから入れたお湯のほうが、綺麗なのは言うまでもありませんね。


エンジンOHしたとこだし、関係ないねーという方もおられるかと思いますが
汚れは溜まる前に溜めない方がいいに決まってます。
OHした状態を維持するためにもおすすめいたします。

オイル交換時に毎回する必要はないと思います。
1年に1回くらいか、走行距離が少なければ、車検ごとくらいでいいんじゃないかと思います。(フィルター交換時に)
洗浄するのが目的で、体感を狙った商品ではありませんが、
敏感な人は、フラッシングをする前後で、いつものオイル交換とは違うフィーリングを体感していただけております。

グイっと1本!¥2,000! 
ご自分でオイル交換される方でも、交換前に入れるだけなので簡単です。


(ミニのAT車は、かなりのオイルが抜けずに残るので、ご使用になれません)









ローバーミニの オイル交換は ブルーウイング
2018/06/23(Sat) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluewinguk.blog88.fc2.com/tb.php/1594-89c547bd
前のページ ホームに戻る  次のページ