FC2ブログ
クラシックミニのリフレッシュ レストア
今週末は雪予報出てましたが、雨予報になってますね。
でも、ちょっと冷え込むようで・・・体調管理気をつけましょ。




さて
この前の記事と前後しますが。。。

ボディ補修前の状態


sidesill1.jpg


ドアの下んとこ






sidesill2.jpg


反対側も同様。
こちらは腐食孔も。。。





ドアの下の敷居の部分。
ここは、ドアの下の敷居部分のドアステップパネルと
フロアと繋がるサイドシルパネルが、スポット溶接という方法で接合されています。

が、写真の通り、20年間毎日のように使われてきた疲れは
このようにスポット溶接すら剥がしてしまっている状況。
(ドライバーを差し込むだけで隙間が開く)

これを見ると、ボディも消耗品ということを再確認させてくれる。
20年間、振動を与えられ、捻られ、それをやんわりと変形することで吸収し続け。。。
耐え切れなくなり、溶接が1箇所剥がれ、また一箇所・・・ということになる。
もちろん、雨、雪、融雪剤などの影響による錆、腐食や、足回りの劣化などもそれを加速させる。

ここまでになると、ボディ剛性はかなり低下している。
女性オーナーなので、ゆっくりのんびり走っていたからここまで持ちこたえられたのだろうけど、
これがハードな使い方をされていたなら、もっと早い段階でこのような状況になってたでしょうし
足回りを固めたり、車高を落とし過ぎたりすることでも同様にボディへのダメージは早くなる。


ここの部分は、当然サイドシルパネル交換。
(スポット溶接剥がす手間が少し省ける(笑))
サイドシル内の錆びも落として張り替えます。


最終モデルでも、もう20年を迎えます。
こういう状況にあるミニも少なくはないでしょうね。
でも、大丈夫。直せますから。





クラシックミニ の 補修 鈑金 塗装 は 敦賀 ブルーウイング
2018/12/07(Fri) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

おおっー。。。miniちゃん頑張ったネ!
by: 赤mini * 2018/12/08 06:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

はい、頑張って耐えておりました(^_^;
by: BW * 2018/12/09 10:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluewinguk.blog88.fc2.com/tb.php/1618-ef402348
前のページ ホームに戻る  次のページ