FC2ブログ
クラシックミニのヘッドライト
令和の発表から2ヶ月。
令和になって1ヶ月。
今月終われば、今年ももう半分終了。。。
なんて早さだっ(><)



早いといえば、世の中の(?)LED化も急速に進みましたね。
信号なんてほとんどLEDになってるし、街灯も、こんな路地裏まで?!ってくらいLEDになってる。
明る過ぎて、運転時にはちょっと眩しく感じることも。。。
ま、防犯上にはいいんだろうけどね。

家の中も、蛍光灯からLEDにすることも多いのではないでしょうか。
白熱球タイプや、直管、丸型、いろんなLEDも販売されてます。
というか、蛍光灯は売ってるけど、蛍光灯の器具の販売はかなり減ってるしね。



クラシックミニのヘッドライトをLEDにするのもかなり増えました。
ノーマルよりかなり明るくなりますので、交換した方には好評です。
発光色も、白だけでなく、ハロゲン色も選べます。
HIDのように取付も煩雑ではないので、ご自身で交換される方も多いですね。
ただ、LEDに交換する以前の問題として、ヘッドライト自体の反射板が劣化してる場合も多く有ります。


headlight196.jpg



劣化した反射板






白く曇り、所々に斑点があるのがわかると思います。
こうなると、LEDに交換したところでそんなに明るくもなく。。。
車検に通る光量やカットラインも出てない可能性もあります。

ということで、上記のような場合には、電球だけでなく、ヘッドライトも交換ということになります。
また、’96年までのモデルの純正ヘッドライトはシールドビームなので、ハロゲンタイプのヘッドライトに交換しなければLEDにはできませんので、ヘッドライトごと交換になります。
(すでにハロゲンタイプに交換されている場合が多いですけど)


LEDやヘッドライトにはいろんな種類がありますので、検討されている方はご相談くださいませ。








ローバーミニのメンテナンス ドレスアップ は ブルーウイング
2019/06/02(Sun) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluewinguk.blog88.fc2.com/tb.php/1643-4381c716
前のページ ホームに戻る  次のページ