FC2ブログ
クルマの寿命
しばらくちょっと暖かかったですが、また冷えてきましたね。
三連休の天気が気になるところでしょうか。


クラッシックミニが生産を終えてはや10年が過ぎました。
なんかついこの前のような気がします。
っていうか、ミニに乗っている方々の中には、その時からミニに関しては時間が止まっているのかもしれませんね。
だって、10年前のモデルを見て、 あっ新しいね なんて思うこともあるでしょ(笑)

10年ってことは通常使用されてるミニであれば、10万キロを越えてくる固体もどんどん出てきてます。
で、そんなミニに乗っているお客さんから


いつまで乗れますかね? とか 寿命ってどれくらいですか? 


などという質問を時々いただきます。
私はそんな時に


ずっと乗れますよ とか 半永久的に とか 寿命はいくらでも延ばせます などと答えてます。


法的な問題だとか、社会情勢などは置いといて考えますと…
クルマは消耗部品のカタマリですので、乗れば消耗していきます。
消耗した部分を修理、修繕できればずっと乗ることができますよね。
幸いなことに英国では自動車文化が根付いており、また古いものを大切にするという文化もあります。
それゆえに、国産車ではありえないくらい、古い車輌の部品が作られ続けてます。
なので、修理、修繕さえしてゆけば、機械的な寿命はほとんど無いと言っても過言ではないと思います。
生き物と違って、若返らせることができるのです。うらやましいですね。
ミニに限っていえば、部品を集めて新車に近い状態も作れてしまえると思います。


ただし、10年10万キロといえばその消耗品の寿命が立て続けてやってくる時期でもあります。(個体差あり)
日頃、点検やメンテナンスをきちんとされている車輌は、その都度悪い部分が発見されて
修理、修繕されてますからそういうことは少ないと思いますが、
それでも普段手を入れないエンジンの中であったりボディだったりが疲れてきているかもしれません。
(同じ10万キロを走った車輌でも、車輌の程度がぜんぜん違うことがあるのも事実ですので一概には言えませんが)

この前修理したけど、また違うところが壊れて修理…なんてことを経験した方も多いかと思います。
悪くなった部分をその都度修理、修繕していくのが通常の方法かもしれません。
でも、立て続けに起こってしまうと心が折れかけますよね。

そんな負のスパイラルに陥っても、全然平気~って方は問題ないですが
そうでない方で、長く乗り続けたいと考えてられる方や、
最近ヤレてきたなぁ~ とか思っているのであれば 1台買い換えた つもりで
少し大掛かりな点検、修理、修繕をして、若返らせてみてはいかがでしょうか。

気分も一新しますし、トラブルの芽をつむことができますし、愛車に対する想いがさらに深くなると思いますよ。








2011/02/10(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--なんとか、かんとか・・・--

六年落ちを十三年・・・
調子崩す事の周期が早まってますかね・・・

いやいや、扱う側の責任も大きいでしょうし。
思いが有りすぎてもお互いしんどいし。
良い事も悪い事も。
楽しい事も辛い思いも。
思い出が詰まると簡単に捨てられなくなる。

もう少し一緒に過ごそうか・・・

須磨さんとの出会いのお蔭です。

もう少し・・・
もう少し・・・
先送りの別れの日・・・




by: M井 * 2011/02/11 02:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

ども、M井さま。
いつもおおきにです。

車齢19年ですか。。。
まだまだ若いですね(笑)
先日、知り合いのハーレー屋さんと話しておりまして、目の前にあったハーレーの年式を聞いて、“ん?それまだ新しいで・・・’70年式やったかなぁ~ ですと。
40年前くらいなら新しい部類になって、きちんと手を入れれば普段のアシになるよってゆーてました。
ミニで40年前となると古い部類になりますが、普段のアシに使っている方もおられ、根性あるなぁと感心したりします。

世の中、出会いがあれば別れが必ずやってきます。
これはどうしようもないこと。
しかし、幸いなことに人間と違って、ミニから別れを切り出されることはありません(笑)
別れを決断するのはオーナーさんです。
その理由はいろーんなことがあるのだと理解しております。
そして、そんな別れにも随分と立ち会ってきました。
その時に涙を流す方も多くおられます。
そんな時は、残念な気持ちもあるのですが、このミニは幸せものだなぁと思うのであります。

M井さんの中でもミニは特別な存在になっているんだと思います。
ふつうのクルマ?だったら、コメントになるような感情はなかなか出てきませんからね。

いつまでも乗ってください・・・って重い言葉は言えませんが(ゆーてる(笑))
ミニや英国車に乗っている人に対して、いつもそう思っておる(願っている)しだいでございます。


現在発売されているミニフリークNo.116号の特集は、いい記事でした。
機会があったら立ち読みでも(笑)


長いコメントでした。。。

by: BW * 2011/02/11 12:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluewinguk.blog88.fc2.com/tb.php/742-e02a892f
前のページ ホームに戻る  次のページ