FC2ブログ
防錆処理
明日は春分の日。
お彼岸ですね。お墓参りに行く方も多いのでしょうか。
暑さ寒さも彼岸まで っていうけど、朝晩はまだ冷えますねぇ。。


ミニを後世に遺す。
オーナーさん、そしてわれわれショップの責任。
もう増えることが無い、減る一方のミニを少しでもいい状態で遺したい。
そんな大それたことではなくても、やっぱりサビずにキレイに乗っていたいものですよね。


キャンペーン中のノックスドール防錆処理。
世界有数の降雪地帯スウェーデンで開発されるノックスドールは
ボルボにも純正採用される信頼の防錆剤です。
ミニにも純正採用されてたらなぁ・・・と何度思ったことか。

そんな防錆処理作業をちょいと紹介。

nox1.jpg



サイドシルとフロアの重なる部分
日頃はなかなか見ないとこだけど
こんな感じでサビが進行していることも




nox2.jpg

パネルの隙間にサビが出始めているのがおわかりいただけますでしょうか。
ノックスドールはサビが発生している場合でも塗布することによって、防錆剤が長時間にわたって浸透し水分や酸素を遮断して錆の進行を大幅に遅らせることができます。
パネルの合わせ目は細いノズルを使って吹き付け、浸透させていきます。




nox3.jpg


サイドシル内に吹き付けています。
こちらのノズルは先端が特殊な構造をしていて、防錆剤が四方八方に飛び散るようにできてます。




nox4.jpg

こちらはドア下内部への吹き付け。
ノッスクドールの特徴のひとつは高い浸透性。
ドアのフレームとアウターパネルの間に入り込み、何年もサビから守ってくれることでしょう。
他、バンパー下、タイヤハウス内、フロントパネル、リアスカート内、バッテリーボックス、サブフレームマウント部などなど、錆びやすいところを重点的に施工していきます。







nox5.jpg


車輌がかなり汚れている場合や、万全を期したい方などは処理の前に下回りの砂や泥を高圧洗浄で落としてから乾燥の作業もお受けいたします。
晴れの日は適当に走ってれば乾くんだけど雨の日はこうやって送風して水分を乾かします。
(高圧洗浄や乾燥作業は別途料金です)






早めに施工すればするほど、いい状態を保つことができますよ。
気になる方は早めの施工をオススメいたします。




2012/03/19(Mon) | クルマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluewinguk.blog88.fc2.com/tb.php/911-ff582ce5
前のページ ホームに戻る  次のページ